2017年02月25日

レンガで女性(姉?)を殴って殺害した容疑で男を逮捕 岡山県玉野市 20161201

★★★2017/02/25ケイゾク★

姉殺害の容疑者の弟、容疑者死亡で不起訴。

読売新聞(2017/02/24)
姉殺害容疑者 死亡で不起訴
玉野市の自宅で昨年12月、姉(当時66歳)の頭をレンガで殴って殺害したとして、殺人容疑で書類送検された同市和田、Y.K容疑者(同58歳)について、地検は23日、容疑者死亡で不起訴とした。
Y容疑者は昨年12月1日、殺人未遂容疑で現行犯逮捕されたが、玉野署内で体調を崩して救急搬送され、翌日、入院先の病院で死亡した。







★★★2016/12/03記★

レンガで同居の女性(姉?)を殴って殺害した容疑で58歳の男を逮捕。

読売新聞(2016/12/2)
レンガで殴り姉?殺害 玉野の住宅 58歳男 容疑で逮捕
1日午前1時45分頃、玉野市和田、自称無職Y.K容疑者(58)が110番。玉野署員が駆けつけたところ、2階のベッドで頭などから血を流して倒れている女性を発見し、岡山市内の病院に搬送されたが、約1時間15分後に死亡した。
同署は、Y容疑者が「レンガで姉を何度も殴った」と犯行を認めたことなどから殺人未遂容疑で現行犯逮捕、容疑を殺人に切り替えて調べている。
発表では、Y容疑者は同日午前1時30分頃、レンガで女性の頭を殴って殺害しようとした疑い。Y容疑者は60歳代ぐらいの姉と2人暮らしで、死亡したのは姉とみて確認を進めている。
Y容疑者は泥酔していたとみられ、同日午前3時50分頃、玉野署内で体調を崩して救急搬送された。意識不明の状態といい、同署は回復を待って動機などを聞く。





posted by 岡山のニュースケイゾク at 21:53| 殺人事件 | 更新情報をチェックする

暴力を振るわれた妻が夫を殺害 岡山県高梁市 20150809

★★★2017/02/25ケイゾク★

夫殺害で起訴された被告人の妻(86)について、病気等を理由に起訴を取り消した。

読売新聞(2017/02/23)
自宅で夫殺害 起訴取り消し 被告の病状進行
高梁市の自宅で2015年8月、夫(当時86歳)を殴って殺害したとして、殺人罪で起訴された無職女性(86)について、地検は22日、起訴を取り消した。福田尚司次席検事は「被告人の病状が進行し、訴訟能力がなく、今後も回復する見込みがないため」とした。
起訴状によると、女性は15年8月8日午前10時頃、自宅で夫を木の棒などで殴り、殺害したとされる。地検は女性を鑑定留置した後、同年10月に起訴していた。







★★★2015/10/31ケイゾク★

85歳の妻を殺人罪で起訴。

読売新聞(2015/10/31)
夫殺害 85歳を起訴
地検は30日、高梁市川上町領家、無職F.Y容疑者(85)を殺人罪で地裁に起訴した。起訴状によると、F容疑者は8月8日午前10時頃、自宅で夫(86)を木の棒などで殴り、殺害したとされる。鑑定留置の結果、刑事責任を問えると判断したという。







★★★2015/08/09記★

高梁市で、夫を殺害した容疑で妻を逮捕。

山陽新聞(2015/08/09)
高梁 夫殴り殺害、85歳妻逮捕 容疑で岡山県警
夫を殺害したとして、岡山県警捜査1課と高梁署は9日未明、殺人の疑いで高梁市川上町領家、無職F.Y容疑者(85)を逮捕した。
逮捕容疑は8日午前9時ごろ、自宅で夫の貞三さん(86)の頭などを棒のような物で数回殴って殺害した疑い。容疑を認め、「夫の生活態度を注意したら暴力を振るわれた」との内容の供述をしているといい、詳しい動機や犯行状況を調べる。
県警によると、F容疑者は夫、長男(61)と3人暮らし。事件後、自宅近くで仕事をしていた長男に「お父さんが死んだ」と知らせ、長男が119番した。





posted by 岡山のニュースケイゾク at 20:48| 殺人事件 | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

倉敷市児島の高校1年男子が母親を金づちで殴打、包丁で刺して殺害 岡山県 20161231






★★★2017/02ケイゾク★

母親を殺害した高校1年男子は少年院送致に決定。

山陽新聞(2017/02/15)
母親殺害容疑高1を少年院送致 岡山家裁「矯正教育で更生相当」
倉敷市の自宅で母親=当時(44)=を包丁で刺すなどして殺害したとして、殺人の疑いで家裁送致された高校1年男子(16)について、岡山家裁は15日、初等・中等(第1種)少年院送致とする保護処分を決定した。
少年法は、故意に人を死亡させた16歳以上は原則、検察官送致(逆送)としているが、決定理由で小池覚子裁判官は「非行歴や学校生活の問題はなく、家庭環境に照らすと、一定の酌むべき事情がある」と指摘。「少年院での矯正教育で更生を図らせることが相当」とした。
事件の動機については「日ごろ母親に不満を抱いており、当日、飲酒して帰宅した母親とささいなことで口論となって突発的に非行に至った」と認定した。







★★★2017/01/20ケイゾク★

母親を殺害した少年を家庭裁判所へ送致。

NHKNEWSWEB(2017/01/20)
母親殺害の少年が家裁送り
去年12月、倉敷市で44歳の母親が息子に金づちで殴られるなどして死亡した事件で岡山地方検察庁は逮捕された16歳の少年を20日、殺人の疑いで岡山家庭裁判所に送りました。
この事件は去年12月31日、倉敷市の集合住宅の1室でこの部屋に住む16歳の少年が当時44歳の母親の頭を金づちで何度も殴ったり、胸などを包丁で突き刺したりして殺害した疑いが持たれているものです。
岡山地方検察庁は20日、殺人の疑いでこの少年を家庭裁判所に送りました。これまでの調べで少年は凶器となった金づちや包丁は「家にあったものを使った」と説明し、動機については「日ごろの母親に対するうっぷんがたまっていたのが爆発した」などと話しているということです。
今後は家庭裁判所で事件の背景や詳しい動機などが調査され、少年の処分が決まることになります。







★★★2016/12/31記★

倉敷市児島で高校生1年男子が母親を殺害した容疑で逮捕。

山陽新聞(2016/12/31)
高1男子が殴り刺し、母親死亡 倉敷・児島、殺人容疑で捜査
31日午前1時40分ごろ、倉敷市、高校1年男子(16)から「自宅で母親を殺した」と110番があった。駆け付けた児島署員が居間で頭や腹から血を流して横向きに倒れている女性を発見。同署は、室内にいた男子が犯行を認めたため、殺人未遂の疑いで逮捕した。
女性は男子の母親(44)。倉敷市内の病院に運ばれたが、死亡が確認された。児島署は容疑を殺人に切り替え、犯行の動機や経緯、死因などを調べる。
逮捕容疑は同日午前0時半ごろ、倉敷市の集合住宅で母親の頭部を金づちで数回殴り、腹部や背中を包丁で数回刺して殺害しようとした疑い。
児島署によると、男子は母親と兄の3人暮らし。当時、兄は不在だった。男子は「酔って帰宅した母親と口論になり、殺そうと思ってやった」と容疑を認めている。親子間のトラブルが原因とみて捜査している。


NHKNEWSWEB(2016/12/31)
母への殺人未遂で高校生逮捕
警察によりますと、集合住宅の一室で44歳の母親が血を流して倒れているのが見つかり、男子生徒から事情を聴いたところ金づちで頭を殴ったり、包丁で腹を刺したりしたことを認めたことなどから、殺人未遂の疑いでその場で逮捕したということです。
母親は病院に搬送されましたが死亡が確認されました。
調べによりますと、男子生徒は、母親と17歳の兄と3人暮らしで、事件が起きたとき、兄はいなかったということです。
警察によりますと、金づちや包丁は家の中で見つかり、調べに対し、男子生徒は「母親と口論になり殺そうと思った」と供述しているということです。


毎日新聞(2016/12/31)
岡山・母親殺害 兄弟を蹴る姿目撃も
家族を知る人の話などによると、幼い頃から兄弟が母親から蹴られる姿などが目撃されていた。
複数の知人によると、母親は夜間に仕事に出ており、兄は「ご飯を食べさせてくれない」「普通の環境に生まれたかった」とこぼしたこともあるという。父親の姿は以前からなく、「兄弟が施設にいた時期もある」と知人は話す。近所付き合いは乏しく、男性会社員(56)は「近くでこんなことが起きるなんて」と驚いた様子だった。





posted by 岡山のニュースケイゾク at 22:08| 殺人事件 | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

生後1カ月の女児をお風呂に沈めた殺人容疑で母親を逮捕 岡山県倉敷市 20161023

★★★2017/01/20ケイゾク★

娘を殺害した倉敷市の母親の女を不起訴処分。

山陽新聞(2017/01/20)
生後1カ月の娘殺害 母親不起訴  岡山地検、刑事責任問えず
岡山地検は20日、生後1カ月の娘を自宅の浴槽に沈めて殺害したとして殺人容疑で送検された倉敷市の母親(31)を不起訴処分とした。「鑑定の結果などを踏まえ、刑事責任を問うのは困難と判断した」としている。
岡山地検は同日、鑑定入院が必要かどうかについて、岡山地裁に心神喪失者等医療観察法に基づく審判を申し立てた。
地検によると、母親は昨年10月23日、倉敷市の自宅で、娘の鼻と口をテープでふさいだ上、浴槽に沈めて殺害したとされる。



★★★2016/10/24記★

生後1カ月の女児をお風呂に沈めた殺人容疑で母親を逮捕。

読売新聞(2016/10/24)
浴槽に沈められ、1か月女児死亡
生後1か月の次女を風呂に沈めて殺そうとしたとして、岡山県警倉敷署は23日、同県倉敷市福島、無職の母親(30)を殺人未遂容疑の現行犯で逮捕した。次女はその後死亡し、同署は殺人容疑に切り替えて捜査している。
発表によると、母親は同日午後0時30分頃、自宅の風呂場で次女をもく浴させていた際、浴槽に沈めて殺害しようとした疑い。
母親は、約10分後に「自分の子どもを殺した」と110番。駆けつけた同署員が、服を着てベッドであおむけになっている次女を発見した。心肺停止状態だったためすぐに病院に搬送したが、午後1時50分に死亡が確認された。目立った外傷はなかった。
母親は、次女と長女(2)、夫(30)と夫の両親と弟、祖母の8人暮らし。当時、母親と次女以外は法事で外出していたという。

posted by 岡山のニュースケイゾク at 23:50| 殺人事件 | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

玉野市「常山」の山中で死亡している男性を発見 殺人事件として捜査 岡山県 20170101






★★★2017/01/02ケイゾク★

玉野殺人事件で容疑者を逮捕。

山陽新聞(2017/01/02)
玉野の殺人事件で男逮捕 容疑で岡山県警 
玉野市木目の山中で1日、倉敷市児島小川の神原麻玖さん(38)が殺害された事件で、岡山県警は2日、住所不詳の自称自営業、Y.R容疑者(32)を殺人容疑で逮捕した。
1日午後3時55分ごろ、玉野市消防本部が「男から『常山の登山道で人を刺した』と通報があった」と110番。玉野署員が同市木目の登山道に駆け付け、背中などから血を流して倒れた30~40代とみられる男性を発見した。複数の刺し傷があり、岡山市内の病院に搬送されたが、同9時40分、死亡が確認された。
県警は殺人事件として捜査し、2日、Y容疑者を倉敷市内で逮捕した。


KSBニュース(2017/01/02)
玉野市で男性殺害 知り合いの男を逮捕
警察によりますと、Y容疑者は1日午後4時前、玉野市木目の常山の山中で知人で倉敷市児島小川の神原麻玖さん(38)の背中や太ももを包丁で刺し、殺害した疑いが持たれています。警察は現場近くに乗り捨てられていた軽自動車の名義などからY容疑者を割り出し、車の登録があった倉敷市東塚に本人が現れたため、2日正午過ぎに逮捕しました。警察の調べに対してY容疑者は「些細なことから口論になって殺した」と容疑を認めています。犯行後の行動については「朝まで常山の山中にいてタクシーで東塚まで移動した」と話しています。







★★★2017/01/02記★

玉野市常山の山中で殺害された男性が発見され殺人事件として捜査。
現場付近に自動車が2台あるということだが、逃走は徒歩か。

山陽新聞(2017/01/02)
玉野の山中に血流した男性 殺人事件で捜査
1日午後3時55分ごろ、玉野市消防本部が「男から『常山の登山道で人を刺した』と通報があった」と110番。玉野署員が同市木目の登山道に駆け付け、背中などから血を流して倒れた30~40代とみられる男性を発見した。複数の刺し傷があり、岡山市内の病院に搬送されたが、同9時40分、死亡が確認された。岡山県警は男性の身元の特定を急ぐとともに、殺人事件として容疑者の行方を追っている。
県警捜査1課によると、男性の近くには血の付いた刃物が落ちていた。現場付近には乗用車と軽乗用車があり、関連を調べている。





タグ:殺人事件
posted by 岡山のニュースケイゾク at 15:54| 殺人事件 | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

神戸山口組系池田組幹部が拳銃で撃たれて死亡 岡山県岡山市 20160531

★★★2016/09/18ケイゾク★

池田組幹部射殺事件の共犯として逮捕された2人を釈放。

読売新聞(2016/09/16)
射殺事件で逮捕 組員ら2人釈放 処分保留で地検
岡山市で5月、指定暴力団神戸山口組系池田組幹部が射殺された事件で、地検は15日、実行役として起訴された指定暴力団山口組系組員の共犯として、殺人と銃刀法違反の容疑で逮捕された同組系のM.N組員(43)、防水工のH.Kさん(44)(いずれも岡山市東区)を、処分保留で釈放した。地検は理由を明らかにしておらず、「今後も任意で捜査を続けていく」としている。



★★★2016/08/26ケイゾク★

神戸山口組系池田組幹部射殺事件に関連して、山口組系暴力団組員2人を新たに逮捕。

KSBニュース(2016/08/26)
池田組幹部射殺 山口組系組員ら2人を送検
今年5月、岡山市で神戸山口組系の暴力団幹部が射殺された事件です。新たに逮捕された山口組系の暴力団組員ら2人が26日朝、岡山地検に身柄を送られました。殺人と銃刀法違反の疑いで送検されたのは山口組系の暴力団組員で岡山市東区河本町のM.N容疑者(43)と 岡山市東区久保の自称・防水工H.K容疑者(44)です。警察によりますと2人は、すでに逮捕・起訴されている山口組系の暴力団組員Y.H被告(32)と共謀。今年5月、岡山市で神戸山口組・池田組のナンバー2、高木忠幹部(55)を回転式拳銃で射殺した疑いが持たれています。警察は、Y被告の携帯電話の通話履歴などから2人を特定したとしていますが認否は明らかにしていません。警察は、拳銃を撃ったのはY被告とみていてM容疑者とH容疑者の詳しい役割を調べています。また、岡山県警は逮捕を受け25日までに容疑者2人の自宅や車など県内16ヵ所を家宅捜索。山口組と神戸山口組の対立抗争とみて、組織的犯行の裏付けを進めています。



★★★2016/06/25ケイゾク★

山中で発見された拳銃の線条痕が犯行に使われた拳銃のものと一致したと発表。

山陽新聞(2016/06/24)
射殺の凶器は山中の拳銃と断定 「線条痕」解析で判明
岡山市南区豊成のマンション駐車場で5月末、指定暴力団神戸山口組系池田組の高木忠幹部(55)が射殺された事件で、岡山南署捜査本部は24日、同市内の山中で今月中旬に見つかった拳銃について、犯行に使用された凶器だったと発表した。遺体や現場に残っていた銃弾の「線条痕」などの解析で判明した。
線条痕は、発射時に銃弾に刻まれる筋状の傷で、拳銃1丁ごとに特徴が異なる。捜査本部によると、現場から押収された銃弾はつぶれて損傷していたが、岡山県警科学捜査研究所の鑑定で線条痕の一部を読み取ることに成功した。山中で発見した拳銃を撃った際に残る銃弾の線条痕と同一と確認したという。
一方、捜査本部が発見した拳銃は「回転式」だったことも関係者への取材で分かった。拳銃は11、12日、一連の捜査を基にした山中の捜索で未使用の銃弾、空の薬きょうと一緒に見つかっており、捜査本部がDNA鑑定などで使用者の特定を進めている。



★★★2016/06/12ケイゾク★

犯行に使用したとみられる拳銃を発見したと発表。

山陽新聞(2016/06/12)
岡山・組幹部射殺事件で拳銃発見 県警、岡山市内の山中で
岡山市南区豊成のマンション駐車場で5月末、指定暴力団神戸山口組系の高木忠幹部(55)が射殺された事件で、岡山南署捜査本部は12日、犯行に使用したとみられる拳銃1丁を岡山市内の山中で発見、押収したと発表した。



★★★2016/06/08ケイゾク★

出頭組員の関係する暴力団事務所を家宅捜索。

NHKNEWSWEB(2016/06/07)
山口組系の事務所3か所捜索
岡山市のマンションの駐車場で「神戸山口組」系の暴力団幹部を拳銃で撃ち殺害したとして対立する指定暴力団「山口組」系の暴力団員が逮捕された事件で警察は7日、山口組系の2次団体の暴力団事務所など3か所を捜索しました。
5月31日、岡山市南区豊成のマンションの駐車場で神戸山口組系の池田組幹部のタカ木忠組員(55)が拳銃で撃たれて死亡し、警察は出頭してきた指定暴力団「山口組」弘道会系の暴力団員で愛知県半田市のY.H容疑者を(32)殺人と銃刀法違反の疑いで逮捕しました。
警察は裏付け捜査を進めるため7日昼前から愛知県名古屋市にある山口組の2次団体の弘道会の事務所やY容疑者が入る愛知県半田市の山本興業など3か所の捜索を行いました。
このうち、弘道会の事務所には午後3時頃警察官およそ50人が段ボールや箱を持って次々と中に入りました。
これまでの調べでY容疑者は捜査本部が置かれている岡山南警察署に1人で出頭したということですがその際、拳銃を持っていなかったことがわかっています。
警察によりますと7日の捜索では何も押収していないということで警察は引き続き裏付け捜査を進めるとともに事件の背景には「山口組」分裂をめぐる対立抗争があるとみて捜査を進めています。


岡山県警サイト
暴力団検挙情報(2016/06/05)
暴力団幹部を殺害した暴力団組員を逮捕
被疑者 及び 逮捕状況
住所 自称 愛知県半田市旭町4丁目
職業 自称 無職(指定暴力団六代目山口組三代目弘道会三代目髙山組山本興業組員)
氏名 Y.H 32歳(男性)
罪名 殺人・銃砲刀剣類所持等取締法違反

事案概要
Yは、殺意をもって、平成28年5月31日(火)午前9時50 分頃、岡山市南区豊成二丁目地内のマンション駐車場において、拳銃ようのものを使用して指定暴力団神戸山口組池田組幹部(当時55歳、 男性)に向けて数発発射し、同人を殺害したもの。



★★★2016/06/05ケイゾク★

男が岡山南警察署に出頭したとのこと。

NHKNEWSWEB(2016/06/05)
暴力団幹部銃撃事件で男が出頭
5月31日、岡山市のマンションの駐車場で神戸山口組系の暴力団の幹部が拳銃で撃たれて死亡した事件で、岡山市内の警察署に暴力団員の男が出頭しました。
男は対立する山口組系の組員とみられ、警察は事情を聴いて事件との関わりについて調べています。
この事件は5月31日、岡山市南区豊成のマンションの駐車場で、神戸山口組系の池田組幹部の高木忠組員(55)が拳銃で撃たれ死亡したものです。
事件直後に現場からバイクで走り去った若い男が目撃されていて警察で行方を捜査していましたが警察によりますと事件に関与したとして暴力団員の男が事件の捜査本部がある岡山南警察署に出頭したということです。
男は対立する山口組系の組員とみられ、警察では事情を聴いて事件との関わりについて調べています。



★★★2016/05/31記★

山口組分裂抗争と思われる拳銃射殺事件が発生。

RSKニュース(2016/05/31)
岡山市で指定暴力団幹部が撃たれて死亡
31日午前、岡山市南区豊成のマンションの駐車場付近で、指定暴力団神戸山口組系池田組の55歳の男性幹部が拳銃で撃たれて死亡しました。
警察は、一連の山口組分裂抗争とみて犯人の行方を追っています。
一連の抗争事件での死者は初めてです
午前10時ごろ、岡山市南区豊成のマンションの駐車場付近で、発砲音を聞いたと警察に通報がありました。
警察官が駆けつけたところ指定暴力団神戸山口組系池田組幹部の高木忠組員が倒れていました。
高木組員は、病院に運ばれましたが、胸や腹などを拳銃のようなもので複数箇所撃たれていて約45分後に死亡が確認されました。
犯人は逃走しています。
警察は、殺人事件として岡山南警察署に捜査本部を設置し犯人の行方を追っています。
また、山口組分裂抗争と関係しているとみて岡山県内の主な組事務所に警察官を配置して警戒を強めています。


RSKニュース(2016/05/31)
背景に指定暴力団山口組の分裂抗争
今回の事件は、指定暴力団六代目山口組の分裂抗争が背景にあると警察はみています。
銃撃された組員は、岡山市にある池田組の中心的な人物でした。
警察によりますと、岡山県内には37の暴力団事務所があり、約580人の構成員がいます。
そのうちの9割にあたる約520人が山口組系の構成員とされています。
山口組では、去年8月に分裂抗争が起き、「六代目山口組」から「神戸山口組」が離脱しました。
この神戸山口組が、岡山県内の山口組系の9割を占めているといいます。
池田組の組長は、神戸山口組の中でも要職に就く中心的な人物で、経済的な手腕をふるっていました。
今回射殺された高木忠組員は、池田組のナンバー2に当たる「若頭」を務めていました。
警察は、銃撃事件の背景には分裂抗争があるとみて調べています。
posted by 岡山のニュースケイゾク at 07:28| 殺人事件 | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

札幌の金融業男性の死体を津山市内に遺棄・損壊容疑で男2人(東京都、津山市)が逮捕 20150625

★★★2016/06/26ケイゾク★

津山市内への死体遺棄、強盗殺人等の罪に問われた会社社長に懲役30年の判決。

読売新聞(2016/06/24)
金融業の男性殺害、無期懲役と懲役30年の判決
借金の返済を免れるため札幌市中央区の金融業男性を殺害し遺体を遺棄するなどしたとして、強盗殺人と死体損壊、死体遺棄の罪に問われた東京都豊島区、金融会社役員桜田充(33)と岡山県津山市、設備会社社長大国慎治(51)両被告の裁判員裁判で、札幌地裁は24日、求刑通り桜田被告に無期懲役、大国被告に懲役30年の判決を言い渡した。
中桐圭一裁判長は「強い殺意に基づく残忍な犯行で、殺害の痕跡を消すなど悪質さも際立っている」と述べた。
判決によると、両被告は共謀して2014年8月、静岡県御前崎市で工藤幸史さん(当時45歳)をビニールひもで絞殺。桜田被告が工藤さんから借りていた約3000万円の返済を免れた上、遺体を津山市の井戸に隠し、同9月、切断して燃やすなどして同市内の川に捨てた。桜田被告は工藤さんからの融資で闇金業を営んでおり、大国被告はその顧客だった。



★★★2015/07/30ケイゾク★

容疑者2人を強盗殺人の容疑で再逮捕。

産経ニュース(2015/07/30)
札幌の死体遺棄事件、強盗殺人容疑で東京と岡山の会社役員を再逮捕
札幌市に住む金融業の男性の遺体が遺棄された事件で、北海道警と岡山県警の合同捜査本部は30日、この男性を殺害したなどとして強盗殺人の疑いで、東京都豊島区の会社役員、S.M容疑者(32)と岡山県津山市の会社役員、O.S容疑者(50)を再逮捕した。
再逮捕容疑は、2人は共謀し、昨年8月29日午前0時ごろ、静岡県御前崎市に止めた車の中で、札幌市の金融業、工藤幸史さん=当時(45)=の首を絞めて殺害、工藤さんからの借金三千数百万円の返済を免れた疑い。
捜査本部によると、S容疑者は金融業を営み、工藤さんから再逮捕容疑の三千数百万円を含む多額の借金があったとみられる。
また、O容疑者はS容疑者から数百万円を借りていた。



★★★2015/06/26ケイゾク★

被害者は元暴力団組員で、闇金融を営んでいた。

山陽新聞(2015/06/25)
知人男性の遺体を切断、遺棄 岡山県警と道警、容疑で男2人逮捕
道警によると、工藤さんは元暴力団組員で、無登録で金融業を営んでいた。工藤さんがS容疑者の会社に出資し、S容疑者が大国容疑者に数百万円を融資していたといい、金銭トラブルが原因とみて捜査。道警は2人が工藤さんの殺害にも関与したとみて、25日に岡山県警と合同捜査本部を設置、強盗殺人容疑も視野に調べている。



★★★2015/06/25記★

死体を切断して津山市内に捨てた容疑で、東京の会社役員と津山市の建築会社役員が逮捕された。

産経WEST(2015/06/25)
岡山・津山市内で札幌の男性を遺棄 死体損壊・遺棄容疑で男2人を逮捕
男性の遺体を切断して捨てたとして、岡山県警と北海道警の合同捜査本部は25日、死体損壊と死体遺棄の疑いで、東京都豊島区上池袋の経営コンサルタント会社役員、S.M(32)と岡山県津山市下横野の建築会社役員、O.S(50)の両容疑者を逮捕したと発表した。捜査本部は認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は、平成26年8月29日から9月10日ごろまでの間に、共謀して札幌市中央区の金融業、工藤幸史さん=当時(45)=の遺体を刃物で切断したり、焼却したりし、津山市内の川などに捨てたとしている。
捜査本部によると、S容疑者は工藤さんから、O容疑者はS容疑者からそれぞれ借金をしていた。両容疑者と工藤さんと間に何らかのトラブルがあったとみて、殺人容疑も視野に捜査している。
工藤さんは8月29日ごろに行方不明になり、家族が同月31日に道警へ捜索願を提出。道警が捜査したところ、最近になって津山市内で人骨とみられるものが発見され、鑑定を続けているという。


posted by 岡山のニュースケイゾク at 07:48| 殺人事件 | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

妻の顔面を殴った傷害容疑で夫を逮捕 妻はその後死亡 岡山県岡山市 20151026

★★★2016/06/03ケイゾク★

妻の顔を殴ったり踏みつけたりして死亡させた被告人に懲役8年6月の実刑判決。

読売新聞(2016/06/03)
妻傷害致死に実刑
岡山市中区土田の自宅で昨年10月、妻(当時32歳)に暴力を振るい、急性硬膜下血腫害致死罪に問われた無職石田誠被告(35)の裁判員裁判で、地裁は2日、懲役8年6月(求刑・懲役10年)の実刑判決を言い渡した。



★★★2015/12/05ケイゾク★

岡山地検は、妻を殴って死亡させた被疑者について、大麻を所持していた件については不起訴とした。

読売新聞(2015/12/05)
大麻所持は不起訴
地検は4日、自宅に大麻を隠し持っていたとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された岡山市中区土田、解体作業員I.M被告(35)(傷害致死罪で起訴)を不起訴とした。理由は明らかにしていない。



★★★2015/11/17ケイゾク★

妻を殴って死亡させた容疑者を、大麻を所持していたとして再逮捕。

読売新聞(2015/11/17)
大麻所持容疑 35歳を再逮捕
岡山中央署は16日、同被告を大麻取締法違反(所持)容疑で再逮捕した。
発表によると、I容疑者は5日、同署が自宅を家宅捜索した際、リビングのポーチに乾燥大麻0.63グラムを隠し持っていた疑い。調べに対し、「何年も前に誰からかもらったものだと思う」と話しているという。



★★★2015/11/13ケイゾク★

妻の顔面を殴って殺した傷害致死の罪で、検察が男を起訴。

NHKNEWSWEB(2015/11/13)
妻殴った夫を傷害致死で起訴
10月、岡山市の自宅などで35歳の男が妻を殴ってその後妻が死亡した事件で、検察は死亡したのはこのときのケガが原因だったとして傷害致死の罪でこの男を起訴しました。
起訴されたのは岡山市中区土田の解体作業員、I.M被告(35)です。
起訴状などによりますとI被告は10月23日午後9時半ごろから翌日の午後7時ごろまでの間に自宅などで32歳の妻の顔を殴ったり踏みつけたりして死亡させたとして傷害致死の罪に問われています。
I被告は10月、傷害の疑いで逮捕されていましたがその後の解剖の結果などから妻の死亡がI被告の暴行によるケガが原因とわかったということです。


加害者は変われるか?: DVと虐待をみつめながら (ちくま文庫) -
加害者は変われるか?: DVと虐待をみつめながら (ちくま文庫) -


★★★2015/10/26記★

顔面を殴られた妻がその後死亡。
傷害容疑で夫を逮捕。

RSKニュース(2015/10/26)
妻を殴った夫(35)を傷害容疑で逮捕
岡山市中区の自宅で妻の顔を殴り、けがをさせたとして解体作業員の男が傷害の疑いで逮捕されました。
妻は、その後、死亡していて警察で死因を調べています。
逮捕されたのは岡山市中区のI.M容疑者です。
警察によりますとI容疑者は今月23日の夜から翌朝にかけて自宅で、妻の顔を素手でなぐり打撲を負わせた疑いです。
妻は、その後布団の上で死亡しました。
I容疑者は、23日の夜自宅近くの飲食店で妻と食事をし、アルコールを飲んでいたということで警察の調べに対し「ささいなことで喧嘩になり殴った」と容疑を認めているということです。
警察は、司法解剖をして殴ったことが死亡につながったかどうか調べを進めています。

posted by 岡山のニュースケイゾク at 23:00| 殺人事件 | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

介護疲れから心中を図り兄を殺害した容疑で妹を逮捕 岡山県津山市 20160531

介護疲れからの心中とみて捜査。

KSBニュース(2016/05/31)
津山市の牛舎 54歳の兄を殺害容疑 妹を逮捕
津山市で牛舎の休憩室に一酸化炭素を発生させ、54歳の兄を殺したとして49歳の妹が逮捕されました。殺人の疑いで逮捕されたのは津山市八出の無職、K.M容疑者(49)です。警察の調べによりますとK容疑者は5月21日頃、自宅から約300メートル離れた牛舎の休憩室で一酸化炭素を発生させ、兄の清さん(54)を殺した疑いです。部屋は密封されていて、清さんのほかK容疑者も倒れた状態で見つかりました。部屋の中心にはオイル缶が置かれ、ライターや木炭の空箱などが見つかったことや、現場や自宅に葬儀についての指示などが書かれた書き置きが残っていたことなどから、警察は心中とみて捜査しています。清さんは先天的に足が不自由で、K容疑者が介護していました。警察の調べに対し加藤容疑者は「牛舎で炭に火をつけ一緒に死のうと思った」「兄の世話が苦痛でたまらなかった」と容疑を認めています。

タグ:介護疲れ
posted by 岡山のニュースケイゾク at 23:28| 殺人事件 | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

寺放火、妻殺害の住職逮捕 殺人容疑等 岡山県警 倉敷市真備町岡田 2014/03/04

★★★2016/03/18ケイゾク★

妻殺害の元住職に懲役9年の判決。

KSBニュース(2016/03/18)
妻を殺害し寺に放火 元住職の男に懲役9年の判決
2014年1月、倉敷市の寺で妻を殺害し寺に火をつけた元住職に岡山地裁は18日、懲役9年の判決を言い渡しました。殺人と現住建造物等放火の罪に問われているのは、倉敷市の金剛寺の元住職、清水法潤被告(56)です。判決によりますと清水被告は2014年1月、寺で妻の美代子さん(当時39)を鉄の塊で殴って殺害し、ストーブに灯油をかけて放火しました。これまでの裁判で弁護側は、清水被告は心神耗弱状態で殺意は認められないとして傷害致死罪の適用を求めていました。18日に開かれた裁判員裁判の判決公判で岡山地裁の松田道別裁判長は「認知機能の低下は認められるが、自分で判断できない程度ではなかった」として懲役10年の求刑に対し懲役9年の判決を言い渡しました。







★★★2016/03/12ケイゾク★

妻殺人裁判員裁判(松田道別裁判長)で、検察側は懲役10年を求刑。

読売新聞(2016/03/11)
妻殺害の元住職に懲役10年を求刑 殺意否認し結審
倉敷市真備町岡田の金剛寺で妻を殺害し、放火したとして殺人と現住建造物等放火の罪に問われた元住職S.H被告(56)の裁判員裁判が10日、地裁であった。検察側は懲役10年を求刑し、弁護側は殺意を否認して結審した。判決は18日。
起訴状によると、S被告は2014年1月、同寺の庫裏で妻、美代子さん(当時39歳)の後頭部を鉄塊で殴って殺害。燃焼中の石油ストーブに灯油をかけて庫裏と本堂を全焼させたとされる。
検察側は論告で「背後から約1・5キロの鉄塊で殴り、木造の建物に火をつけるなど確実に殺そうとしている」と指摘。弁護側は「統合失調症による心神耗弱状態で、火をつけると寺が燃えると理解していなかった」などとし、5年以下の刑期を主張した。







★★★2016/03/04ケイゾク★

起訴から約2年、倉敷市真備町の金剛寺に放火、妻を殺害した住職の裁判が始まった。

読売新聞(2016/03/04)
元住職 殺意を否認 倉敷・妻殺害
裁判員裁判の初公判が3日、地裁であった。弁護側は殺意を否認し、被告は当時、心神耗弱状態だったと主張した。
起訴状によると、S被告は2014年1月10日朝、同寺の庫裏で妻、美代子さん(当時39歳)の後頭部を鉄塊で殴り、燃焼中の石油ストーブに灯油をかけて放火。庫裏と本堂を全焼させ、美代子さんを殺害したとされる。
検察側は冒頭陳述で「鉄塊は約1.5キロで、庫裏が木造と知りながらストーブに灯油をかけており、殺意が認められる」と指摘。弁護側は「被告は統合失調症による心神耗弱状態で、被害者が死亡すると思わなかった」とし、傷害致死罪と失火罪を主張した。







★★★2015/01/31ケイゾク★

公判はまだ?

CGアニメニュース「TomoNews」


岡山県倉敷市真備町岡田1541
金剛寺
[ここに地図が表示されます]








★★★ 2014/03/26 ケイゾク ★★★

妻を殴打して放火、殺人容疑で逮捕されていた倉敷市真備町の住職が起訴されました。

殺人罪で住職起訴=妻殴り、寺に放火―岡山地検- 時事通信(2014年3月25日18時40分)
 岡山県倉敷市で妻を殺害し寺を全焼させたとして、岡山地検は25日、殺人罪現住建造物等放火罪で住職S.H容疑者(54)を起訴した。

 起訴状などによると、S容疑者は1月10日午前7時半~50分ごろ、同市の金剛寺の庫裏(住居部分)で、妻S.Mさん=当時(39)=の後頭部を重さ約1.5キロの鉄塊で殴り、近くにあったストーブに灯油をまいて放火し、殺害したとされる。








★★★ 2014/03/04 記★★★

妻を殴打し、放火して殺害したとされる寺の住職が逮捕されました。
証拠隠滅のため?になのか、放火するという事件が多いので消防による消火後の現場検証も神経を使っているのではないかと思ったりします。

山陽新聞(2014/3/4)
寺放火、妻殺害の住職逮捕 容疑で岡山県警
 今年1月、倉敷市真備町岡田の金剛寺が全焼し、焼け跡から住人S.Mさん(39)の遺体が見つかった火災で、岡山県警捜査1課と玉島署は4日、殺人と現住建造物等放火の疑いで、夫で同寺住職のS.H容疑者(54)を逮捕した。
 県警によると、S.H容疑者は、容疑をおおむね認める一方、動機については「よく覚えていない。殺してやろうと計画していたわけではない」などと供述。夫婦間トラブルが背景にあったとみて詳しい経緯を調べている。
逮捕容疑は1月10日午前7時40分ごろ、自宅を兼ねた寺の居間で、S.Mさんの後頭部を長さ約20センチの鉄製角材で殴打した上、近くにあった燃焼中の石油ストーブに灯油をかけて放火し、木造平屋約300平方メートルを全焼させ、S.Mさんを焼死させた疑い。
司法解剖の結果、S.Mさんの後頭部などに鈍器で殴られたような外傷があったことなどから、県警は殺人事件として捜査。やけどで入院治療中だったS.H容疑者がこの日、退院したため、任意同行を求めて事情を聴いたところ、「妻を凶器で殴り、灯油をまいて殺した」との趣旨の供述を始めたという。
S.H容疑者は2007年7月から同寺住職で、S.Mさんと長女(11)、長男(4)の4人暮らし。出火当時、子どもは外出しており、屋内には2人しかいなかった。


遺体の姿勢や場所に不審な点はないのか、死亡の前に意識があったのか、なかったのか、また司法解剖で外傷の有無などにより、ほころびは明るみに出てくるもの。




posted by 岡山のニュースケイゾク at 22:36| 殺人事件 | 更新情報をチェックする