2014年01月01日

被疑者(ひぎしゃ)

被疑者(ひぎしゃ)

いわゆる容疑者のことである。
マスコミで使用されている容疑者という言葉は法律用語ではない。
被疑者は、あくまで「罪を犯したという疑いを被っている人」であり、有罪確定者、犯罪者ではない。


posted by 岡山のニュースケイゾク at 23:19| キーワード | 更新情報をチェックする

未決勾留日数(みけつこうりゅうにっすう)

東京弁護士法律事務所サイトより
http://seihanzai-bengo.com/

◆未決拘留日数の算入とは何ですか?
勾留は身体の拘束をされるという意味で懲役刑や禁固刑の執行に類似しているので、公平の原則上、一定の場合に刑に算入することができます。この場合、算入された日数分はすでに刑期に服したことと同じ扱いになり、懲役刑の刑期が実質的に短くなります。逮捕中の期間は未決拘留には含みません。
実務では一定の計算方法により未決拘留期間の一部が算入されます。

一部算入の計算方法については、起訴前の勾留期間は算入せず、起訴後の勾留日数のうち第1回公判期日までの日数から30を、その後の各公判期日間の日数については10をそれぞれ引き、端数は10日単位に切り上げ、切り捨て、又は四捨五入するものです。


posted by 岡山のニュースケイゾク at 09:48| キーワード | 更新情報をチェックする

「ひき逃げ」「当て逃げ」の違い






交通事故があったときに、人の死傷の有無によって、分けられる。

ひき逃げ
 ・・・自動車等を運転中に交通事故があった場合に、負傷者を救護することなく現場から離れること。

当て逃げ
 ・・・自動車等を運転中に交通事故があった場合に、道路における危険を防止する等必要な措置を講じることなく現場から離れること。


道路交通法
(交通事故の場合の措置)
第72条 交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合において、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官か現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。





posted by 岡山のニュースケイゾク at 00:00| キーワード | 更新情報をチェックする

最低賃金(さいていちんぎん)

使用者が労働者に支払わなければならない賃金の最低額。
都道府県ごとの「地域別最低賃金」と特定産業に従事する労働者を対象に定められた「特定最低賃金」があり、使用者は高い方の最低額以上を支払わなければ罰則が適用される。

厚生労働省サイト
最低賃金制度
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/chingin/minimum/minimum-01.html


posted by 岡山のニュースケイゾク at 00:00| キーワード | 更新情報をチェックする

定期監督(ていきかんとく)

厚生労働省の年度計画に基づき実施される調査。
監督官は月10回程度の定期監督を行っている。


posted by 岡山のニュースケイゾク at 00:00| キーワード | 更新情報をチェックする

申告監督(しんこくかんとく)

労働者の内部告発・相談など、「垂れ込み」に基づいておこなわれる調査。
労働者の情報をもとに定期監督を行うこともある。

posted by 岡山のニュースケイゾク at 00:00| キーワード | 更新情報をチェックする

児童売春、児童ポルノに係わる行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律

児童売春、児童ポルノに係わる行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律

(例)18歳未満の者を相手に援助交際をする。

(その他)相手が13歳未満の場合、合意があっても強姦となる。

(目的)
第一条  この法律は、児童に対する性的搾取及び性的虐待が児童の権利を著しく侵害することの重大性にかんがみ、あわせて児童の権利の擁護に関する国際的動向を踏まえ、児童買春、児童ポルノに係る行為等を処罰するとともに、これらの行為等により心身に有害な影響を受けた児童の保護のための措置等を定めることにより、児童の権利を擁護することを目的とする。

(定義)
第二条  この法律において「児童」とは、十八歳に満たない者をいう。

児童買春
第四条  児童買春をした者は、五年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。

児童買春周旋
第五条  児童買春の周旋をした者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
2  児童買春の周旋をすることを業とした者は、七年以下の懲役及び千万円以下の罰金に処する。

(児童買春勧誘)
第六条  児童買春の周旋をする目的で、人に児童買春をするように勧誘した者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
2  前項の目的で、人に児童買春をするように勧誘することを業とした者は、七年以下の懲役及び千万円以下の罰金に処する。

(児童ポルノ提供等)
第七条  児童ポルノを提供した者は、三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。電気通信回線を通じて第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録その他の記録を提供した者も、同様とする。
2  前項に掲げる行為の目的で、児童ポルノを製造し、所持し、運搬し、本邦に輸入し、又は本邦から輸出した者も、同項と同様とする。同項に掲げる行為の目的で、同項の電磁的記録を保管した者も、同様とする。
3  前項に規定するもののほか、児童に第二条第三項各号のいずれかに掲げる姿態をとらせ、これを写真、電磁的記録に係る記録媒体その他の物に描写することにより、当該児童に係る児童ポルノを製造した者も、第一項と同様とする。
4  児童ポルノを不特定若しくは多数の者に提供し、又は公然と陳列した者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。電気通信回線を通じて第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録その他の記録を不特定又は多数の者に提供した者も、同様とする。
5  前項に掲げる行為の目的で、児童ポルノを製造し、所持し、運搬し、本邦に輸入し、又は本邦から輸出した者も、同項と同様とする。同項に掲げる行為の目的で、同項の電磁的記録を保管した者も、同様とする。
6  第四項に掲げる行為の目的で、児童ポルノを外国に輸入し、又は外国から輸出した日本国民も、同項と同様とする。

(児童買春等目的人身売買等)
第八条  児童を児童買春における性交等の相手方とさせ又は第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を描写して児童ポルノを製造する目的で、当該児童を売買した者は、一年以上十年以下の懲役に処する。
2  前項の目的で、外国に居住する児童で略取され、誘拐され、又は売買されたものをその居住国外に移送した日本国民は、二年以上の有期懲役に処する。
3  前二項の罪の未遂は、罰する。

(児童の年齢の知情)
第九条  児童を使用する者は、児童の年齢を知らないことを理由として、第五条から前条までの規定による処罰を免れることができない。ただし、過失がないときは、この限りでない。



posted by 岡山のニュースケイゾク at 00:00| キーワード | 更新情報をチェックする

時効(じこう)

時効(じこう)

一定期間の経過によって、
権利が消滅したり、
権利が手に入ったり、
裁判にかけることができなかったり、
刑を執行できなかったり
などなどすること。

★種類★
(1)刑事上の時効
 ・公訴時効(こうそじこう)
  犯罪者でも、犯行から一定期間の経過
  によって刑事裁判にかけられなくなる

 ・刑の時効
  裁判で犯罪者の刑が確定しても、執行
  せずに一定期間過ぎると執行免除となる

(2)民事上の時効
 ・取得時効
  一定期間の占有によって自分のもので
  なかった権利が自分のものになる

 ・消滅時効
  一定期間、自分の権利を放ったらかしに
  したためその権利が消えてしまう




posted by 岡山のニュースケイゾク at 00:00| キーワード | 更新情報をチェックする

岡山県青少年健全育成条例

岡山県青少年健全育成条例

制定 昭和52年 6月16日 岡山県条例第29号

この条例は、県民総参加のもとに、青少年の生活環境の整備を助長するとともに、青少年を健全な成長を害するおそれのある環境及び行為から保護し、もって青少年の健全な育成を図ることを目的としています。

(例)18歳未満の高校生とエッチをすると、逮捕されたり、処罰されたりする場合がある。

(その他)相手が13歳未満の場合、合意があっても強姦となる。


posted by 岡山のニュースケイゾク at 00:00| キーワード | 更新情報をチェックする

逮捕(たいほ)

逮捕(たいほ)

○刑事訴訟法第199条に規定

○「罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由があるとき」に、被疑者の身柄を留置(拘束)すること。
 罪を犯したと疑われている人について、住居不定、証拠隠滅の恐れ、逃亡の恐れという事情がある場合に、逃亡や証拠隠滅を防ぐためにその身柄を確保することをいう。

○逮捕の種類は3種類

通常逮捕 :裁判官が事前に発布する逮捕状に基づいて逮捕
現行犯逮捕:現に犯罪を行っている犯人などをその場で逮捕
緊急逮捕 :容疑が濃厚だが裁判官に令状を請求している時間がない場合にとりあえず逮捕状なしで逮捕

○逮捕できるのは警察官だけなのか?
 容疑者を逮捕するのは、ほとんどの場合警察官だが、現行犯逮捕については警察官でなくても、誰でも逮捕できることになっている。


posted by 岡山のニュースケイゾク at 00:00| キーワード | 更新情報をチェックする