2017年06月26日

岡山県総社市にアマゾン大型物流拠点 20170120






★★★2017/06/26ケイゾク★

本日のアマゾン物流施設の内覧会の模様が各テレビ局で放送されていました。
名称は「アマゾン岡山フルフィルメントセンター」で紹介。
フリーロケーション在庫管理方式。
どの棚にどのアイテムを保管しても良い運用だという。

KSBテレビのYOUTUBE


アマゾンジャパンは「倉庫業」だった






★★★2017/05/20ケイゾク★

アマゾンのプレートが入ってました。










★★★2017/01/21記★

アマゾン物流センターが岡山県総社市にできる?
地理的に山陰や四国にアクセスも便利なところ。
アマゾンプライムナウの1時間配送や2時間配送などもできるようになるといいなあ。

山陽新聞(2017/01/21)
総社にアマゾン物流拠点 5月以降、中四国に初整備
インターネット通販大手アマゾンジャパン(東京)が、総社市に中四国初となる大型物流拠点の開設を検討していることが20日、分かった。既存の大型倉庫に入居する形で整備。通販事業の拡大を受け、商品配送の効率化につなげる狙いとみられる。稼働時期は未定。
地元関係者らによると、物流拠点は同市長良の流通団地・岡山総社インターチェンジ流通センターにある大型倉庫「GLP岡山総社」内に設ける。貸倉庫大手のグローバル・ロジスティック・プロパティーズ(東京)から5月以降、フロアの一部約1万3千平方メートルを賃借する。書籍や家電、日用品などを保管し、注文に応じて仕分け、梱包(こんぽう)、発送を行う。
賃借したフロアには商品棚などを設ける。作業員らの新規雇用が見込まれるほか、最新鋭の自走式搬送ロボットが導入される可能性もあるという
アマゾンジャパンの大型物流拠点は東京や兵庫、佐賀など国内8都府県に13カ所あるが、中四国地域は未整備だった。新拠点の稼働時期や従業員の採用計画などについて、同社広報は「今回の件では何もコメントできない」としている。


[ここに地図が表示されます]





posted by 岡山のニュースケイゾク at 21:10| 企業・団体・取組み | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

日本一ウインカーを出さない岡山県のディーラーが作った啓発ムービー






岡山トヨペットは、風刺の効いたコマーシャルが多くておもしろい。
くまるとパパンがパンダ!のコラボCMもつい見てしまう。



山陽新聞(2017/05/01)
交通事故対策は「プチプチ」? 岡山トヨペットが啓発動画
角を曲がると、そこは“プチプチ”の街だった―。岡山トヨペット(岡山市南区古新田)が公開した交通安全の啓発動画が話題を呼んでいる。人も、車も梱包(こんぽう)用の緩衝材にくるまれ、事故に遭ってもけがをしない不思議な世界を表現。「日本一ウインカーを出さない岡山県」で、合図の徹底を皮肉たっぷりに訴えている。
県内に引っ越してきた青年が車を運転中、人やペット、家、車などあらゆるものがプチプチに覆われた街を見つける約1分半のストーリー。車や歩行者が次々衝突するが、緩衝材に守られ、互いに危機意識は低い様子。「岡山県では、こんな安全対策が必要かもしれない」と警告する。
制作のきっかけは、日本自動車連盟が昨年6月に行ったアンケート。「ウインカーを出さずに車線変更や右左折する車が多い」との問いに、「とても思う」と答えた県内居住者の割合(53・2%)が全国で最も高かったことから企画した。
プチプチのメーカー・川上産業(東京)の協力を受け、岡山市内の住宅地で3日間かけて撮影。動画サイト・ユーチューブで4月上旬に公開すると、既に30万回以上再生。岡山、香川県内のテレビCMでも放送され、注目度は急上昇している。
岡山トヨペットは「インパクトが強く、反響の大きさは予想以上。ウインカーを出すドライバーが増えてほしい」としている。


JAFアンケート結果でもウインカー合図を出さない車、ワーストワンとなった岡山県

岡山トヨペットサイト
OKAYAMA TOYOPET TV
http://www.oktp.jp/tv/


YOUTUBEチャンネル
パパンがパンダ!





posted by 岡山のニュースケイゾク at 12:25| 企業・団体・取組み | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

岡山産バナナ初出荷 神明ファーム 岡山県岡山市 20161215






★★★2017/03/19ケイゾク★

高級バナナが地元百貨店の天満屋と岡山高島屋の店頭に並び始めた模様。

産経WEST(2017/03/18)
岡山産“1本千円”の高級バナナが本格デビュー 高い糖度と濃厚な味
純日本産として注目を集めている岡山県育ちのバナナが地元デパートの店頭に相次いで並び始めた。1本約650円~千円という「たたき売り」のイメージからはかけ離れた高級品で、いずれは台湾、フィリピンにも売り込みをと期待を集めている。

一般的な海外産に比べふっくらとした外観で、高い糖度と濃厚な味わいが特徴。昨年末から都内へ先行出荷が始まったが、収穫量が1日200~300本と安定してきたため、地元デビューした。
岡山天満屋(岡山市北区)は岡山弁で「すごい」を意味する「もんげーバナナ」と名付けて1本648円(税込み)、岡山高島屋(岡山市北区)も数量限定で1本972円(税込み)で販売。地元農業関係者らは「台湾やフィリピンからの観光客にもアピールできそう」と期待を寄せてる。


天満屋に並んだ「もんげーバナナ」は笠岡市のD&Tファームが生産したグロスミッチェル改良品種。
KSBニュースによると、岡山県内ではバナナ生産農家が4軒。
笠岡市の小堀秀男さん「瀬戸内完熟ばなな」。








★★★2017/03/13ケイゾク★

いい感じの色になったので食した。





普通のバナナのおいしさでした。
高価格バナナ、果たして今後売れていくのだろうか?






★★★2017/03/11ケイゾク★

直売処で「日本・岡山産バナナ」購入しました。
サイズは2L,L,Sとあって、それぞれ1本600円、500円、400円。

試食のバナナを勧められたので食べた。
普通のよく食べてるバナナですな。
「うまい!」と叫ぶほどではなかった。



収穫後まもないとのこと。
2、3日くらいして黒い点(シュガースポット)が出てきたら食べられるというので、それまで常温で保管。



購入して改めて思うのはやっぱり高いな、と。
1本で600円。
スーパーの店頭に並んでいるのは、3〜5本の一房で200円程度だし。

検索していると過去の山陽新聞記事がありました。

山陽新聞(2016/06/13)
1本千円! 岡山産バナナに引き合い殺到 生産者の山本耕祐さんに聞く
バナナといえばフィリピン産などが日本人にはなじみが深いが、そのバナナに感染する「新パナマ病」が東南アジアなどで大流行の兆しを見せている。世界の業界団体が主催する国際バナナ会議では「このまま放置すると東南アジア、南米を含む全世界のバナナの約9割が死滅する」と警告を発している。そこでにわかに注目を集めているのが岡山県内で国産バナナの生産に取り組んでいるヤマモト(新見市)社長の山本耕祐さん(56)。山本さんはこれまで国内産バナナの栽培の北限が鹿児島県という定説をひっくり返し、無農薬で糖度が高い国産バナナの試験栽培に成功、今年から東京のデパートや高級果物店に本格出荷する。岡山県が将来、国産バナナの主産地になる可能性もあり、市場関係者の関心を一手に集めている。(おかやま財界)

世界で新パナマ病が猛威を振るっている。国内への汚染拡大が心配ですね。
現在、東南アジアで被害に遭っているバナナはキャベンディッシュという品種。世界のバナナの大部分がこの品種だが、甘くて種がなく収穫量が多いのが特徴。何より日持ちが良いため輸出向けの最適品種として世界に普及したいきさつがある。単一品種は病害虫が発生すれば一気に拡大する危険性を絶えずはらんでいる。40~50年前にパナマ病で絶滅寸前に陥ったのはグロスミシェルという品種で、当時は単一品種として世界を席巻していた。その教訓から品種をキャベンディッシュに転換したわけだが、やはり品種が単一的に集中して今回の結果を招いたのでは。

―岡山で生産するバナナは大丈夫?
基本的にはキャベンディッシュではなくグロスミシェルを品種改良した苗を導入している。従来のバナナ栽培は東南アジア南部や南米など熱帯地方が主産地とされ、日本では沖縄、鹿児島県が北限だと言われていた。それも国内の生産規模はごくわずかなものでしかなかった。私が導入した苗は台湾と日本の育苗研究機関が共同開発した改良種で、耐寒性があり強風にも対応できる背丈の低い矮性(わいせい)化にも優れている。冬場は加温が必要だが、それまではビニールハウス内での栽培で対応できる。海外から輸入するバナナは完熟前の青い状態で収穫し、追熟させながら送り込まれてくるから、当然に防腐剤を多く使用している。その点、国内産バナナだと防腐剤を使用する必要もないし、完熟させて糖度が最高にのった時点で出荷できる。

これからの生産計画は。
熱帯植物の栽培試験は一昨年から青パパイヤを先行する形で新見市や岡山市南区藤田地区、兵庫県加西市で行っている。青パパイヤはフルーツとしての生食用ではなく、健康、美容食としてサラダや加熱用の食材として注目されており、今年は露地で約3000本の苗を定植し9月ごろには90トン前後の出荷を見込んでいる。バナナは約2000本の苗木に秋口になると青バナナが実り、ビニールハウスで加温して来年早々には出荷できる。1本の木に200~300本がなり、間引きしても8割が残る。それで単純計算すると30万本~50万本(30~50トン)ぐらいは収穫できる。鹿児島や沖縄産は合わせても生産量は120トン前後なので、今後栽培農家が増えれば、いずれ両県を抜いて岡山が全国一のバナナ産地になることもそう遠い話ではない。

販売ルートは確保できているのか。
これまでの一番の課題は販売ルートの確保だった。ハウスは特別仕様になるので1棟の建設費が約2000万円もかかり、国内では最終的には加温が必要で生産コストも輸入品に比べるとどうしても割高になる。それで一時は先行投資で経営的にも苦しい時もあった。それが今回の新パナマ病の大発生を契機に流通業界から注目を集めるようになり一転して情勢が変わった。今年になって国内米穀卸最大手の神明(神戸市)から資金提供を含め、販売ルート先の確保などで全面的に支援をしてもらう態勢が整った。神明がバックについたということで信用も高まり、すでに東京都内の大手百貨店や高級果物店から引き合いが殺到している。とても生産が間に合わない。ある百貨店では日本産バナナの特設コーナーを設けると言ってきている。

販売価格はいくらぐらいに。
神明に出荷する卸値は1本500円前後に。それが店頭に並ぶときは1000円前後にはなるだろう。一般にバナナは安いと言うイメージがあるが、今回の新パナマ病の発生で輸入物の価格もじわじわと値上がりしている。フィリピン産の高級バナナはすでに1000円前後で販売されており、無農薬、国産を前面に打ち出せば十分に勝算はあると思っている

新パナマ病
泥の中に生息するカビの一種「フザリウム」がバナナの成木の根から入り、水を吸い上げる導管を腐らせ枯死する。パナマ周辺で病原菌が発見されたことから「パナマ病」と命名された。かつて1890~1960年にかけて大流行し世界の産地の約9割のバナナが感染し、絶滅の危機に瀕した。その後、改良品種の普及で生産が安定したが、さらに毒性が強い「新パナマ病」が1990年代に台湾で初検出された。日本が輸入するバナナの約9割を占めるフィリピンのミンダナオ島では現在、バナナの5分の1が感染されていると言う。今年4月に国連食糧農業機関(FAO)は新パナマ病が大流行する可能性を指摘、業界ではこのまま放置すれば世界のバナナの約9割が絶滅すると警告している。

山本 耕祐氏(やまもと・こうすけ) 兵庫県内の大学を卒業後、岡山市内の中鉄グループ、ベネッセコーポレーショングループで2年半、サラリーマンを経験。その後、2011年にヤマモト(新見市)を設立、出身地の新見市で学習塾と書店経営に乗り出し、一時は県内15カ所で学習塾を経営。14年からは同社で青パパイヤ、バナナなど熱帯植物の栽培に取り組んでいる。新見市出身。







★★★2017/02/27ケイゾク★

国産バナナを直売所に買いに行ったら休みでした。
火・金・土・日の9:00から15:00だけ営業しているようです。







場所はネットで検索してもココっていうのがなかったので、適当にアタリをつけて見つけました。

たぶん、住所は
岡山県岡山市南区藤田1087
[ここに地図が表示されます]


でも、ここは株式会社ヤマモトの新見アグロとなっているような?

新見アグロ
http://naigai-web.jp/works/niimi-agro/index.html


買収とかされて、神明でニュースになっているのかな?
こんな記事がネット検索で出てきました。

WEB Vision岡山(2016年6.6号)
国産完熟バナナを増産へ 神明グループが支援
農産物生産・加工の(株)ヤマモト(新見市高尾2465-8、山本耕祐社長、資本金2300万円)は、農産物販売大手の(株)神明ホールディングス(神戸市)のグループの支援を受け、バナナの生産量を増やす。







★★★2017/02/19ケイゾク★

バナナ直売所ができたようです。

KSBニュース(2017/02/18)
1本500円前後の岡山産バナナ直売所
1本が500円前後もする岡山産の高級バナナの直売所が岡山市内にオープンしました。岡山市南区藤田の直売所には、もぎたてのバナナおよそ100本が並び、開店前から近所の人が訪れていました。岡山産バナナは、小ぶりですが甘味の強いグロス・ミッチェルという品種で、農薬を使わず栽培しています。価格はサイズごとに1本400円から600円です。岡山産バナナはコメ卸の大手の関連会社、神明ファームが近くにあるビニールハウスで栽培していて、直売所は週4日、営業しています。







★★★2016/12/15記★

岡山市内で栽培された無農薬バナナが首都圏向けに初出荷。
輸入バナナの残留農薬の心配がないなど、高級バナナとして売り出す。

山陽新聞(2016/12/15)
岡山市で栽培したバナナ初出荷 12キロ 首都圏百貨店向けに発送
コメ卸大手の関連会社が15日、今年から岡山市南区で栽培しているバナナを初出荷した。約12キロを収穫し、首都圏の百貨店向けに発送。約1週間後に高級バナナとして店頭に並ぶ。
神明(神戸市)の関連会社・神明ファーム(同)のスタッフが午前10時から、岡山市南区西七区のハウスで収穫を開始。高さ約3メートルの株に実ったバナナ約150本をはさみやカッターナイフで丁寧に切り取り、8房に切り分けてケースに詰めた。店頭に出るころには鮮やかな黄色になるという。
神明ファームは同所周辺3カ所のハウス11棟(計80アール)で、今年2月からバナナの植え付けを始めた。糖度の高い「グロスミッシェル」を中心とする5種類計1400株で、一般的な輸入バナナの10倍以上の値段で販売する予定
首都圏の百貨店や高級レストランから引き合いがあり、初年度は21トンを出荷し、8400万円の売り上げを見込む。兵庫県の一部でも栽培しており、5年後には合計で現在の10倍に当たる年産300トン、12億円の売り上げを目指す。実現すれば鹿児島、沖縄県を抜き国内最大の産地となる。
神明ファームは「大きさ、香り、味とも良い出来具合。無農薬で育てた岡山発のバナナを広く味わってもらいたい」としている。





タグ:国産バナナ
posted by 岡山のニュースケイゾク at 20:25| 企業・団体・取組み | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

「ザグザグ」が九州基盤の「ドラッグストアモリ」に買収され子会社となった 岡山県 201702

ザグザグが九州基盤の「ドラッグストアモリ」の子会社になっていた。
ザグザグのコマーシャルも印象的だが、「ドラッグストアモリ」も同じように印象的。

ザグザグテレビCM
http://www.zagzag.co.jp/tvcm/


ドラッグストアモリ テレビCM
http://www.doramori.co.jp/genkidoramori/


ネットアイビーニュース(2017/02/24)
http://www.data-max.co.jp/290224_dm1569/
ザグザグ、ドラッグストアモリ傘下に イオンの動向は
(株)ドラッグストアモリの親会社ナチュラルホールディングスが、2月17日付けで岡山県の(株)ザグザグを買収した。ザグザグは岡山を拠点に香川、愛媛、徳島、広島、島根、兵庫などの中国・四国地方に146店舗を展開している中堅ドラッグチェーン。
ドラッグストアモリは九州・沖縄と山口、四国で242店舗を展開している九州でも有数のドラッグチェーンだったが、これを機に九州から山陽地方、北四国にまたがる広域を自陣に収める。ザグザグを傘下に置き、単純計算するとグループ年商は1,700億円超となり、九州首位のコスモス薬品を追撃することになる。
ドラッグストアモリとザグザグは、ともにドラッグの共同仕入機構である「日本ドラッグチェーン会(NID)」に所属している。ザグザグは高齢の藤井孝洋社長に後継者がいないことから、NIDを通じて親交のあるナチュラルホールディングスの森信社長に株式を譲渡することにしたという。藤井社長は続投し、引き続き経営を行なう。「ザグザグ」の商号は残し、従業員の雇用も継続する予定だ。
ザグザグは2012年に流通最大手イオン(千葉市)と資本業務提携し、ザグザグの株式の15%をイオンが保有している。両社の提携関係は今後も続ける方針。
また、イオンとドラッグストアモリは一時提携説がささやかれていたこともあり(イオングループのウエルシア=当時=は否定)、今後の動向が注目される。
ドラッグストアモリは、非上場のため資金的な制約はあるものの、今後も持株会社を通じ地方ドラッグチェーンの買収や資本提携を進めると見られる。長らく大きな動きのなかったドラッグストア業界だが、ドラッグストアモリが再編に向けて一石を投じた。


ネットアイビーニュース(2017/02/22)
ドラッグストアモリ 岡山DSの「ザグザグ」を買収
(株)ドラッグストアモリの親会社である(株)ナチュラルホールディングスは17日、岡山のドラッグストア(株)ザグザグ(本社:岡山市、藤井孝洋社長)をグループ傘下に収めた。ナチュラルHDがザグザグの発行済株式総数の約61.07%の株式を取得した。
ドラッグストア「ザグザグ」の商号は残し、従業員の雇用は継続する。また、同社社長の藤井孝洋氏も引き続き経営に関わる。
ドラッグストアモリは九州・沖縄と山口、四国で242店舗を展開し、2016年3月期の売上高は1,146億円。一方で、ザグザグは岡山を拠点に四国、広島、島根などの中国・四国地方に146店舗を展開し、16年8月期の売上高は615億円を計上した。
ドラッグストアモリ単体でも非上場ドラッグストアの売上高日本一であったが、ザグザグを傘下に収めることにより、両社合わせて1,761億円のドラッグストアとなる。これにより兵庫から以西、九州・沖縄までを網羅する企業となった。





posted by 岡山のニュースケイゾク at 13:52| 企業・団体・取組み | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

猫の庭番「黒の助」デビュー 夢二郷土美術館 岡山県岡山市 20161224






小嶋光信さんは何かと猫とご縁がある様子。
ネコバスはいつ作ってくれるのだろう。

和歌山電鉄貴志駅「たま駅長」の社葬がとりおこなわれる 20150628

読売新聞(2016/12/25)
夢二の黒猫そっくり…「黒の助」庭番デビュー
岡山県出身の画家・竹久夢二(1884~1934年)の作品に登場する黒猫に似た子猫が24日、夢二郷土美術館(岡山市中区浜)で庭番としてデビューした。
職員が保護し、そのまま居着いた「黒の助」(雄、6か月)。同館は「これも何かのご縁」とPR役を期待する。
夢二は代表作の「黒船屋」「黒猫を抱く女」など、多くの美人画に黒猫を登場させている。
同館によると、黒の助は9月上旬、近くの路上で車にひかれそうになっていたのを職員が気付いて保護。中庭で放し飼いにしていると来館者や職員に懐き、「夢二の猫に目と体の色がそっくり」と人気者になったという。名前は夢二の長男・虹之助こうのすけにちなみ、小嶋光信館長が命名した。
この日は同館で任命式があり、小嶋館長から辞令を受け取った黒の助は、さっそく中庭に出て元気よく駆け回ったり、日なたぼっこをしたりと愛嬌あいきょうを振りまいた。
勤務は天候や体調に合わせて決めるといい、同館のツイッターやフェイスブックで告知する予定。小嶋館長は「黒の助目当ての来場者が作品にも興味を持ってくれれば」と期待していた。


夢二郷土美術館サイト
http://yumeji-art-museum.com


両備グループサイト
「ニタマ駅長にリニューアル駅長室完成!」
http://www.ryobi.gr.jp/kojima/ニタマ駅長にリニューアル駅長室完成!/


両備グループサイト
「おかでんミュージアム+水戸岡鋭治デザイン」グランドオープン! – チャギントンも加わって、凄く楽しい鉄道ミュージアムに -
http://www.ryobi.gr.jp/kojima/「おかでんミュージアム+水戸岡鋭治デザイン」/





posted by 岡山のニュースケイゾク at 22:37| 企業・団体・取組み | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

岡山県内初の環状交差点(ラウンドアバウト)が浅口市寄島町に設置される 20151217

★★★2016/04/23ケイゾク★

感情交差点の整備がほぼ終わっているとのことだったので通行してみた。
交通整理員が整理していたけれど、運用開始まで夜通し実施するのかな?




★★★2016/04/22ケイゾク★

浅口市のラウンドアバウト、4月28日運用開始

山陽新聞(2016/04/22)
浅口の環状交差点28日運用開始 中四国初、信号のないドーナツ形
岡山県と県警は22日、浅口市寄島町で整備を進めてきた環状交差点(ラウンドアバウト)を28日午前11時から運用開始すると発表した。同交差点は信号機がなく、進入車両が時計回りに徐行することから、渋滞や交通事故が起きにくいとされる。導入は中四国地方で初めて。
県道倉敷長浜笠岡線と県道矢掛寄島線、市道が交わる寄島小学校南側にあり、車両の通行区域がドーナツ形になっている。車両は左折して進入し、時計回りの一方通行。進入の際、通行区域を走っている車を妨害してはいけない。
県警交通規制課によると、交差点進入時に車両が減速することで事故の減少、歩行者の安全性向上が期待できる。信号機がないことから渋滞防止にもつながり、地震に伴う停電などで信号機が点灯しない場合の混乱を回避できるメリットがあるという。
整備はほぼ完了し、環状の通行区域を車両が既に通行しているが、28日から環状交差点としての交通規制が始まる。県警は同日、付近の標識を除幕するとともに、警察官を配置して通行を指導する。
環状交差点は昨年9月施行の改正道交法で導入が認められた。これまでに17都道府県で導入されており、浅口市は56カ所目



★★★2015/12/17記★

来年4月、岡山県浅口市に信号機のない環状交差点、ラウンドアバウトが設置されることとなった。
基本的な交通マナーができていない岡山で果たしてうまくいくものだろうか。

岡山市の柳川ロータリー交差点はなぜ「ロータリー」と呼ばれるのか?

山陽新聞(2015/12/17)
浅口に中四国初の環状交差点 渋滞緩和や事故防止に期待
岡山県警は17日、信号機がなく、渋滞や重大事故が起きにくいとされる円形の「環状交差点(ラウンドアバウト)」を2016年4月、浅口市寄島町に設置すると発表した。中四国地方で初の試み。全国では横浜市や堺市など15都府県の49カ所に導入されている。
環状交差点は通行区域がドーナツ形の環状となっており、信号機はない。車両は左折して進入し、時計回り(右回り)に一方通行、徐行しなければならない。交差点に進入する車より、環状路を走る車が優先となる。対向車がなく、車両の交差が減少することから事故や渋滞の減少が期待される。歩行者も車両の速度が抑制されることなどから安全性が高まるとされる。昨年9月1日施行の改正道交法で導入が認められた。


ラウンドアバウト

新設される環状交差点は、浅口市寄島町の寄島小学校南側で、県道倉敷長浜笠岡線、県道矢掛寄島線、市道の3路線が交わる地点。県が整備を担当し、16年4月末ごろをめどに運用開始する予定
17日の県議会産業労働警察委員会で小林伸治・県警交通部長が概要を発表。「道路管理者の県と連携し、交差点内で守るべきルールを周知していく」とした。
警察庁の調査では、昨年9月から今年10月までに全国の環状交差点での死亡、重傷事故は1件もなく、軽傷者が出た事故も5件にとどまっている。

環状交差点 1日の通行車両が1万台未満の交差点が導入の目安とされる。信号機を設置する必要がなく、車、歩行者とも待ち時間が減少。コストも軽減される。停電時でも混乱が起きにくいことから、東日本大震災以降、注目を集めた。


[ここに地図が表示されます]



posted by 岡山のニュースケイゾク at 23:47| 企業・団体・取組み | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

岡山空港に岡山-香港の定期便が就航 岡山県 20160328

★★★2016/03/29ケイゾク★

8年前、岡山空港の定期便を4ヶ月で断念した香港エクスプレス航空が高松空港での就航を発表した。
LCC香港エクスプレスは、岡山より香川を選んだ。
うどんもいいし、外国人に人気の栗林公園や阿波おどりも近いからかなあ。

トライシー(2016/03/29)
香港エクスプレス航空、高松・鹿児島・石垣〜香港線就航を発表!
香港エクスプレス航空は、高松・鹿児島・石垣〜香港線に就航すると発表した。
石垣線は6月16日から木・日曜の週2便、高松線は7月6日から火・水・日曜の週3便、鹿児島線は7月11日から月・水・金・土曜の週4便を運航する。これにより、東京/羽田、東京/成田、名古屋/中部、大阪/関西、広島、福岡線を合わせた9路線に路線網を拡大する。
いずれもエアバスA320型機で運航する。


香港エクスプレスサイト
vhttp://www.hkexpress.com/ja



★★★2016/03/28記★

岡山と香港を結ぶ飛行機の定期便が就航。
初日の今日はほぼ100%。
伊原木知事がみずからツアー客を出迎えた。
中国からのインバウンドを見込んでいる。
8年ぶりの定期便就航。8年前は4ヶ月で終わった。
香港航空は75%の搭乗率を達成したいと考えている。

NHKNEWSWEB(2016/03/28)
岡山ー香港便が就航
岡山と香港を結ぶ定期便の運航が28日から始まり、岡山空港には大勢の人が集まり香港からの定期便を到着を祝いました。
岡山と香港の定期便は香港航空が運航し、毎日1往復、岡山と香港を3時間半で結びます。岡山空港ではエバー航空が岡山と台湾を結ぶ定期便を就航して以来、3年ぶりの定期便の新路線で、空港には香港便の就航を祝おうと県の関係者や一般の人など大勢の人が送迎デッキに集まり、飛行機の着陸を待ちました。
そして飛行機が到着すると集まった人たちは歓声を上げ、空港の誘導路では消防車2台がアーチを描くように放水を行い、到着を祝いました。この後、到着ロビーでは香港からの乗客に対してきびだんごや桃太郎のキーホルダーなどの記念品が手渡されました。
県によりますと岡山に到着した便はほぼ100%の搭乗率で、多くは香港から観光で来たツアー客だということです。香港から来た男性は「5日間日本に滞在して岡山や広島に行きます。岡山では倉敷や岡山城などを見たいと思っています」と話していました。
岡山県の伊原木知事は「外国からの観光客を呼び込む大きなきっかけになる路線ができたと思う。観光と宿泊のスパイラルを作り岡山の魅力を高めていきたい」と話していました。


RSKニュース(2016/03/28)
岡山と香港を結ぶ定期航空便が就航
香港線の定期便就航に観光地も歓迎ムードです。
後楽園から約2km離れた岡山市北区の表町商店街です。
外国人の観光客を呼び込もうと、昨年、買い物をした外国人に対して消費税を免税する取り組みを始めました。
訪れる外国人は増えているといいます。
言葉の壁がなければチャンスは増えると、商店街は今月、ある取り組みを始めました。
外国人向けの商品に外国語の説明をつけるなど工夫も始めました。
この店では、半年ほど前から、パスポートを表示すれば10%割引するサービスや、ワンコインの茶道体験などを始め、好評だといいます。
また、中国人スタッフの教育などに日本政策金融公庫の融資を受けるなど力を入れています。
posted by 岡山のニュースケイゾク at 23:39| 企業・団体・取組み | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

「そうじゃ消防署カレー」総社市のご当地グルメ誕生 岡山県総社市

★★★2016/03/06ケイゾク★

総社消防署カレー、パッケージデザインがいつの間にか変わっていました。

#消防署カレー#総社



★★★2015/01/27ケイゾク★

人気はまだ継続しているようだ。
購入できる場所も増やしていってほしい。

読売新聞(2015/01/27)
消防署カレー 人気沸騰
 総社市は、約40年前から市消防署で伝わる、消防士の手作りカレーをレトルトにした「そうじゃ消防署カレー」を作った。昨年11月に発売したところ、初日で初回生産分の約900食を完売する人気ぶり。その後も、6回にわたって追加生産し、約2か月半で約8000食が売り切れた。市農林課は「こんなに売れるとは。40年続く味という個性が人気を集めたのだろう」とほくほく顔だ。
 同署では、泊まり勤務の消防士らの土日の夕食を自分たちで作っており、いつでも食べられ、作り置きができるという便利さから、カレーの日が多いという。片岡聡一・同市長が2年前に同署で食べたカレーの味を気に入ったことがきっかけになり、新見市の食品メーカーが生産、農産物や加工品などを扱う市の公社が販売している。






★★★2014/12/07ケイゾク★


本日、12月7日に、第1回おかやま検定が実施された。

その中の問いに早速、この消防署カレーが出題されていたようだ。


総社市に新たなご当地グルメが誕生した。夜勤の消防署職員に受け継がれた レシピをもとにしたものであるが、それはどれか。

1 シチュー 2 ラーメン 3 おでん 4 カレー




★★★2014/11/22ケイゾク★

そうじゃ消防署カレーをゲットしました。

#総社 の#消防署カレー <br />#岡山


早速、レトルトパックを温めて食べた。
おいしい、です。
牛すじ肉がたくさん入っています。
十分満足できる仕上がりでしょう。



★★★2014/11/08ケイゾク★

消防署カレーを求めて吉備路サンロードに行ったが、売り切れだった。
小耳にはさんだ情報は300個ほどあったようだ。
テレビでも放送された影響か。
今度の入荷は11月末だそうだ。



★★★2014/11/06記★

総社市がレトルトカレーを販売する。
その名も「消防署カレー」だと。
ネーミングにも惹かれるところがあるなあ。
山陽新聞(2014/11/06)
総社で「消防署カレー」販売開始 名物メニューをレトルト商品化
総社市は、週末泊まり勤務の消防職員にレシピが受け継がれている「消防署カレー」をレトルト商品化し、6日から市役所や市内の観光案内所で取り扱いを始めた。屈強な消防士たちを満たしてきた名物メニューを、ご当地グルメとしてPRしていく。 消防署カレーは約40年前から伝わるとされ、牛すじ肉や地元産野菜を煮込んで作る。名前がユニークなため、市は「海軍カレー」(呉市、神奈川県横須賀市など)にもあやかって名物になり得ると判断した。 新見市の業者に委託して商品開発を進め、消防職員らが試食を重ねて本来の味に近づけた。市の外郭団体を通じて販売し、1個(200グラム)500円。パッケージには1970年代の消防車をあしらった。年間4千個の販売を目指す。 この日は取扱店の一つであるサンロード吉備路(総社市三須)でセレモニーがあり、片岡聡一市長や訪れていた人が試食した。 倉敷市の男性(82)は「こくがあっておいしい。スタミナがつきそう」と話していた。


posted by 岡山のニュースケイゾク at 21:16| 企業・団体・取組み | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

食文化、観光、地域活性化などで岡山市が「ぐるなび」と連携協定 20160217

ぐるなびと岡山市が食文化振興や観光振興、地域活性化、市民サービスの向上に関して連携協定を結んだ。

ぐるなびが岡山営業所を2015/06/29開設 岡山県岡山市 2015/06/25

ぐるなびニュースリリース(2016/02/17)
「岡山市と株式会社ぐるなびとの地域協働事業に関する連携協定」締結
食文化振興・観光振興などの分野で、さまざまな取り組みを実施 ぐるなびの事業インフラやノウハウを総合的に提供

飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)と岡山市は、連携を結ぶことで双方の資源を有効に活用した協働による活動を推進し、岡山市の地域活性を促進するため「岡山市と株式会社ぐるなびとの地域協働事業に関する連携協定」を2016年2月17日(水)に締結しました。

ぐるなびでは今回の地域協働事業に関する連携協定に基づき、岡山市が取り組む食文化振興や観光振興、地域活性化に貢献すべく、自社の事業インフラやノウハウを総合的に提供していきます。

食文化振興では、岡山市内へ向けた岡山食材の魅力発信として、市内の飲食店で岡山食材を使った「料理教室」や「岡山食材フェア」を開催します。加えて、岡山市の生産者へ向けた販路開拓の支援として、生産者に向けて販路拡大のためのセミナーを開催します。また、岡山の観光農園における収穫体験の情報を、ぐるなびが運営する地元発のご当地グルメや観光情報紹介サイト「ぐるたび」を通じて発信します。

観光振興では、岡山市内の飲食店における外国人受け入れ環境づくりを促進します。ぐるなび外国語版による飲食店の基本情報・メニューページの多言語化支援のほか、市内飲食店を対象に訪日外国人客の受け入れノウハウをレクチャーする 「インバウンド対策セミナー」を岡山市と共同開催します。そのほか、本連携協定に関わる観光振興・食文化振興の取り組みについて情報発信するための特設サイトや岡山の文化を観光客に発信するテーマページの構築を行います。そして、ぐるなびのネットワークを通じて、市内飲食店のシェフが岡山食材を使い岡山市独自の朝ごはんレシピを開発します。そのレシピをぐるなびが運営するシェフが家庭料理を提案するサイト「シェフごはん」に掲載し、岡山市が展開する「桃太郎さんの朝ごはんプロジェクト」を盛り上げます。

ぐるなびは「世界に誇れる日本の食文化を守り育てる。そのために食材をも守り育てる」という考え方のもとで事業を進めています。今後も、日本の食文化や食を通じて観光を楽しむための情報サービスの提供を日本全国の自治体と連携しながら進めていきます。

岡山市と株式会社ぐるなびとの地域協働事業に関する連携協定

協定内容
(1)観光振興に関すること
(2)食文化振興に関すること
(3)その他、地域活性化及び市民サービスの向上に関すること

以上
posted by 岡山のニュースケイゾク at 21:16| 企業・団体・取組み | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

倉敷市がニュージーランドのオリパラ・ホストタウン登録 20160126

倉敷市がニュージーランドのホストタウンに登録された。
ホストタウンとは?

NHKNEWSWEB(2016/01/26)
倉敷が五輪ホストタウンに
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの参加する国や地域との交流事業を担う自治体、「ホストタウン」として政府がきょう第1弾として44件の登録を決め、岡山県内では倉敷市がニュージーランドのホストタウンとして登録されました。
政府は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックにあわせて日本を訪れる、選手や観客との交流事業などを地方創生につなげる目的から、参加する国や地域の「ホストタウン」として、全国の自治体を登録することにしていてきょう総理大臣官邸で開かれた会合で、第1弾として、44件の登録を決めました。
岡山県内では倉敷市がニュージーランドのホストタウンとして登録されました。倉敷市は昭和48年にニュージーランドのクライストチャーチ市と国内では初めて姉妹都市の協定を結びました。
5年前のクライストチャーチ市の大地震の際には独自の救援隊を派遣し絆を深めてきました。
登録された自治体は、交流事業の経費の一部について、国から財政支援を受けられることになっており、倉敷市はニュージーランドチームの事前合宿の誘致を目指して施設の整備などをすすめるほか、大会期間中も市民と選手の交流などを進めたいとしています。
倉敷市の伊東香織市長は「大変名誉なことだと思っています。さまざまな交流計画を実施する中で、交流をさらに深めていきたいと思います」とコメントしています。


倉敷市の交流計画の特色として、
• 1973年、我が国で初めてのニュージーランド(クライストチャーチ市)との姉妹都市となる。2011年のクライストチャーチでの大地震の際には独自の救援隊を派遣するなど絆を深めており、42年間充実した交流を継続。
• このような縁を活かし、同国のオリパラチームの事前合宿を誘致し、大会時にはニュージーランドの来日応援団と行動してチームを応援。美観地区など観光拠点の受入環境整備も行い、海外からの誘客に弾みをつける。


首相官邸サイト
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/hostcity_townkousou/index.html

ホストタウン推進要綱(案)(平成28年1月26日改正)
第1 目的
本要綱は、2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「大 会」という。)の開催により多くの選手や観客が来訪することを契機に、全国 の地方公共団体(二以上の地方公共団体による連携主体を含む。以下同じ。) と大会参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図るとともに、地 域の活性化等を推進することを目的とする。
第2 定義
本要綱において、ホストタウンとは、第1に定める目的を達成するため、 住民等と次に掲げる者との交流及び当該交流に伴い行われる取組み(大会の 事前合宿の実施及び実施に向けた取組みを含む。)であって、スポーツの振興、 教育文化の向上及び共生社会の実現を図ろうとするものを行う地方公共団体 として、第3により登録を受けた団体をいう。
ア 大会等に参加するために来日する選手等
イ 大会参加国・地域の関係者
ウ 日本人オリンピアン・パラリンピアン


posted by 岡山のニュースケイゾク at 23:13| 企業・団体・取組み | 更新情報をチェックする