岡山市内の中学校に爆弾を仕掛けたとする脅迫メールが届いた 岡山県 20160229





爆破予告メール。
結果的に、爆発はなかった。

倉敷市の小中学校に児童を誘拐するとの脅迫はがきが届いている 岡山県 2014/08/28

山陽新聞(2016/02/29)
岡山市に中学校爆破予告メール 市立全38校で一斉下校
岡山市に29日朝、市内の中学校を同日爆破すると脅迫する電子メールが届いた。同市教委は午前10時すぎ、市立38中学校の全校で授業を打ち切るとともに、生徒約1万8千人全員を帰宅させる措置を取った。中学校と同じ敷地にある後楽館高校と芳泉、蛍明の2小学校も児童生徒計約2千人を帰宅させた。岡山県警が威力業務妨害の疑いで調べている。
メールは午前4時37分に市ホームページの問い合わせメール窓口に着信があり、同8時半ごろ、出勤してきた市職員が気づいて、市教委などに連絡した。
「爆破予告」と題して発信者は弁護士を名乗り、「市内の中学校に高性能な爆弾を仕掛けさせて頂きましたを。爆破時間は29日午後11時20分。本気ナリ。覚悟しろナリ」などと記していた。発信者名や東京都港区内の住所も書き添えていた。
市教委は午前9時すぎ、岡山県警に通報。爆破予告時間について午前11時20分の可能性もあるとみて、全中学の一斉下校を決定した。正午現在、異常は確認されていない。市教委と同県警で建物を確認している。
県教委などによると、同市立学校以外では、県立中高一貫校2校と国立中学1校で全員帰宅。私立は3校で下校、3校が午前11時20分前後に校舎から避難したという。




写真素材のピクスタ