暴力を振るわれた妻が夫を殺害 岡山県高梁市 20150809





★★★2017/02/25ケイゾク★

夫殺害で起訴された被告人の妻(86)について、病気等を理由に起訴を取り消した。

読売新聞(2017/02/23)
自宅で夫殺害 起訴取り消し 被告の病状進行
高梁市の自宅で2015年8月、夫(当時86歳)を殴って殺害したとして、殺人罪で起訴された無職女性(86)について、地検は22日、起訴を取り消した。福田尚司次席検事は「被告人の病状が進行し、訴訟能力がなく、今後も回復する見込みがないため」とした。
起訴状によると、女性は15年8月8日午前10時頃、自宅で夫を木の棒などで殴り、殺害したとされる。地検は女性を鑑定留置した後、同年10月に起訴していた。






★★★2015/10/31ケイゾク★

85歳の妻を殺人罪で起訴。

読売新聞(2015/10/31)
夫殺害 85歳を起訴
地検は30日、高梁市川上町領家、無職F.Y容疑者(85)を殺人罪で地裁に起訴した。起訴状によると、F容疑者は8月8日午前10時頃、自宅で夫(86)を木の棒などで殴り、殺害したとされる。鑑定留置の結果、刑事責任を問えると判断したという。






★★★2015/08/09記★

高梁市で、夫を殺害した容疑で妻を逮捕。

山陽新聞(2015/08/09)
高梁 夫殴り殺害、85歳妻逮捕 容疑で岡山県警
夫を殺害したとして、岡山県警捜査1課と高梁署は9日未明、殺人の疑いで高梁市川上町領家、無職F.Y容疑者(85)を逮捕した。
逮捕容疑は8日午前9時ごろ、自宅で夫の貞三さん(86)の頭などを棒のような物で数回殴って殺害した疑い。容疑を認め、「夫の生活態度を注意したら暴力を振るわれた」との内容の供述をしているといい、詳しい動機や犯行状況を調べる。
県警によると、F容疑者は夫、長男(61)と3人暮らし。事件後、自宅近くで仕事をしていた長男に「お父さんが死んだ」と知らせ、長男が119番した。