女性顔面骨折させ轢き逃げした容疑で倉敷市の会社員を逮捕 岡山県倉敷市 20161219





相手車両の女性に顔面骨折させるなどしたうえ、ひき逃げした容疑で倉敷市の会社員を逮捕。

山陽新聞(2016/12/19)
ひき逃げ容疑で男を逮捕 倉敷で車同士衝突、4人けが
水島署は19日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、倉敷市広江、自称会社員、F.D容疑者(39)を逮捕した。
逮捕容疑は18日午後6時5分ごろ、倉敷市福田町古新田の県道交差点で車を運転中、右側から走ってきた倉敷市、介護士女性(39)の乗用車と衝突。女性に顔を骨折するけがを負わせたほか、いずれも女性の子どもで同乗していた中高生の男女3人=13~17歳=にも骨折や打撲などを負わせ、そのまま逃げた疑い。
同署によると、現場付近に戻ってきたF容疑者を取り調べ犯行を特定した。「車にぶつかって逃げたことに間違いないが、けがをしたとは思わなかった」と容疑を一部否認している。




写真素材のピクスタ