2017年03月31日

岡山大学薬学部長らが、大学を相手取り、懲戒処分取り消し提訴へ 岡山県 2014/09/06

★★★2017/03/31ケイゾク★

岡山大学元教授側が逆転敗訴。

NHKNEWSWEB(2017/03/31)
高裁は岡大の解雇権乱用は認めず
岡山大学薬学部の元教授2人が医学部の論文に不正があるとして告発したことなどを理由に大学から解雇されたことについて広島高等裁判所岡山支部は解雇権の乱用だとして大学側に給与の支払いを命じた地裁の仮処分の決定を取り消しました。
岡山大学薬学部の元学部長の森山芳則元教授など2人は医学部の論文に不正があったと告発したことなどを理由に大学に解雇され2人は解雇権の乱用で無効だとして裁判を起こすとともに判決が出るまでの間の給与の支払いや教授の地位の確認を求める仮処分の申し立てを行っていました。
去年6月、岡山地方裁判所は解雇は解雇権の乱用で無効だとして大学側に対し2人に給与の支払いを命じる仮処分の決定を出し、大学側が抗告していました。
これについて広島高等裁判所岡山支部は30日、「不正と確定されていない論文を外部に公表し岡大の権威や研究への信用性を大きく揺るがしたことなどを踏まえると解雇の理由は認められる」として地裁の出した仮処分の決定を取り消しました。
森山元教授は「最高裁判所に抗告するかは弁護士と相談して決めたい」と話していました。
岡山大学は「本学の主張の正当性が認められ安堵している」とコメントしています。







★★★2016/02/25ケイゾク★

岡山地裁は岡山大学元教授の訴えを棄却。

山陽新聞(2016/02/24)
岡山大元教授のパワハラ訴え棄却 地裁「違法とは評価できない」
岡山大薬学部の元男性教授=60代=が、同大の男性理事=同=などのパワーハラスメントで精神的苦痛を受けたとして、同大に1100万円の慰謝料を求めた訴訟で、岡山地裁(曳野久男裁判長)は24日、「違法なパワハラがあったとは評価できない」として男性側の訴えを棄却した。
判決によると、男性が教授だった2012年1月、博士論文に不正があると同大法人監査室に告発したところ、理事は「研究科で調査すべきだ」と告発を暗に非難する発言などをした。
判決に対し、同大は「本学の主張が認められた正当な結果だと受け止めている」とコメントした。原告代理人によると、男性は控訴を検討している。







★★★2016/01/12ケイゾク★

岡山大学側は、教授らを解雇にした。
ドロドロ。

毎日新聞(2016/01/12)
<岡山大>2教授を解雇…論文「不正」を告発
岡山大は12日、大学教授の適性を欠くなどとして前薬学部長の森山芳則教授(62)と前副学部長の榎本秀一教授(52)の2人を解雇したと発表した。2人はこれを不服とし、大学を相手に処分無効や慰謝料2000万円などを求める訴訟を同日、岡山地裁に起こした。
解雇は昨年12月28日付。大学側の説明では、2人は大学に無断で学内で記者会見を開き、学長や理事が不正行為をしているかのような印象を外部に与えたり、出席を求めた会合を欠席したりするなど職務命令に違反したとしている。
2人は学内の複数の論文で不正があったとして大学に告発し、学内の調査委員会が昨年3月、「不正なし」の結論を出した。12日に記者会見した森山元教授は告発が解雇の大きな理由だと訴え、「大学側は、解雇することで不正追及を終わらせたいのではないか」と主張した。提訴について大学側は「把握していないのでコメントできない」としている。


毎日新聞(2016/01/03)
<論文不正>告発に生データ見ず「適正」 岡山大調査委
岡山大(森田潔学長)の大学病院幹部が著者に含まれる医学論文について、研究不正の告発を受けて調査した学内の調査委員会が、実験画像の切り張りを確認したものの、本来必要な生データとの照合をしないまま「不正なし」と結論づけていたことが分かった。調査報告書は文部科学省や告発者に提出されたが、切り張りや生データについての記載はなく、別の論文でも実験条件を示した画像説明に食い違いがあったのに問題視しなかった
同大医歯薬学総合研究科の教授2人が複数の論文について告発し、調査委が昨年3月に結論を出した。研究不正についての国のガイドラインは、不正なしと判断された場合は調査結果を公表しないと定め、大学も公表しなかった。
切り張りがあったのは、2006年に米国の内分泌学専門誌に掲載されたステロイドホルモンに関する論文。濃さが異なる横長の棒(バンド)が横に12個並び、実験条件を変えると特定のたんぱく質の量が変化することを示した。バンドの濃さを読み取ったグラフが下にあり、濃さを比較して結論を導くデータの一つとしている。告発は「同一条件で比較すべきデータが合成されている」と指摘した。
大学によると、病院幹部から「1枚の連続的な写真ではない。代表的なバンドの写真を参考として添付した」と説明があったが、切り張り前の生データは「8年以上経過し、残っていない」として提出されなかった。
切り張りは、別の画像の使用や画像処理が判明した場合、捏造(ねつぞう)や改ざんに当たる。元は連続した写真であると生データで確認できれば、不正とはならない。
大学は「学外の委員も加え、きちんと検証した」と説明し、切り張りの事実や生データなどについて報告書で触れていないことに対しては「早く報告する必要があり、報告書を簡潔にしようともしたため、言葉足らずな点があったかもしれない」としている。
一方、画像説明の食い違いは、08年に循環器関連の米医学誌で発表した論文と、10年に岡山医学会雑誌で発表した日本語の論文との間で生じている。高血圧に関係するたんぱく質の研究で、それぞれ複数の細胞の画像が示され、同一の画像の実験条件の説明が両論文で「Na+/K+ATPase」と「H+-ATPase」となり食い違う。
調査委員長を務めた同大学の山本進一理事は「国のガイドラインや大学の規定で定める研究不正(捏造、改ざん、盗用)には当たらない。だから本調査はしなかった」と説明している。
病院幹部は取材に「日本語の論文は岡山医学会賞の受賞紹介記事。掲載にあたり、一部のパネル(画像)を削除し、説明文を修正する際に誤りが生じた」と回答した。







★★★2015/10/26ケイゾク★

懲戒処分は重すぎるとした判決が出ていた模様。
係属しているようなので大学側が控訴したか。

NHKNEWSWEB(2015/10/26)
未使用の科研費 返還できず
懲戒処分を受けた岡山大学の教授が国から交付を受けた昨年度の科学研究費のうち、使われなかった数百万円が返還されないまま大学の口座に残っていることがわかりました。
岡山大学と教授は懲戒処分をめぐって裁判で争っていて研究費を交付する日本学術振興会は大学に早期に返還してほしいとしています。
岡山大学薬学部の元学部長の森山芳則教授は、神経細胞とグルタミン酸の関係に関する研究で、国の科学研究費を交付する日本学術振興会から昨年度の研究費としておよそ1400万円の助成を受けました。
しかし大学が去年9月、森山教授にハラスメント行為があったとして停職9か月の懲戒処分にし研究費の使用を凍結した結果、関係者によりますとおよそ560万円が研究年度をまたいで大学が管理する口座に残ったままになっているということです。
また、日本学術振興会に5月末までに提出しなければならない収支や研究結果の報告も提出されない事態になっているということです。
岡山大学は懲戒処分によって森山教授が研究活動を行える状態になかったとして研究費の返還手続きをとるよう求めていますが処分をめぐっては岡山地方裁判所が重すぎて違法だとする判断を示し現在も森山教授と大学の間で裁判が続いています。
日本学術振興会では、「使わなかった研究費があるのであれば、双方で話し合いをした上で、早期に返還の手続きをとってもらいたい」と話しています。
これについて岡山大学は「お金が浮いたままになっていることが問題だという認識はあるが、返還できないのは大学側だけの問題ではない。手続きが進めばすぐにでも返還したい」としています。
一方、森山教授は「懲戒処分が違法という判断が司法で出ているのだから、研究活動を行える状態にないというのはおかしい。大学が一方的に凍結したことが問題だ」と話しています。







★★★2015/01/30ケイゾク★


前学部長らは岡山大学の懲戒処分(停職)の無効など求めて提訴。

読売新聞(2015/01/30)
停職無効求め提訴 岡大教授ら

岡山大の停職処分は事実誤認に基づくとして、前薬学部長の森山芳則(61)と前副薬学部長の榎本秀一(61)両教授が29日、大学を相手取り、処分の無効と慰謝料など約800万円の支払いを求めてそれぞれ地裁に提訴した。
訴状によると、大学は学部内の教員らに対するハラスメントがあったとして、昨年9月25日付で両教授を停職9か月の懲戒処分とした。しかし、ハラスメントでの処分としては重く、懲戒権の乱用と主張。処分の無効と、停職期間中の給与など約800万円をそれぞれに支払うよう求めている。




★★★2015/01/22ケイゾク★


岡山地方裁判所は、岡山大学の学部長たちへの処分停止の申し立てを却下した。


読売新聞(2015/01/22)

懲戒停止を認めず

地裁 岡大前学部長らの仮処分申請

教員に対するハラスメントがあったとして、岡山大から昨年9月に抵触9か月の懲戒処分を受けた前薬学部長(61)と前副薬学部長(51)が、処分を不服として地裁に処分停止と停職期間中の賃金仮払いを求めた仮処分申請で、地裁は21日、2人の処分停止について、申し立てをいずれも却下する決定を出した。一方、賃金仮払いについては、前薬学部長に対して「家計に大きな経済的影響が及ぶ」として認め、前副学部長に対しては却下した
2人の代理人は、地裁が前薬学部長に対する懲戒処分の相当性について「9か月間の停職は、認定した処分理由に比較して重きに失し、違法というべきである。」と指摘している点に言及。
「ただちに両教授を復職させるべきだ」と主張し、今月中にも処分の取り消しを求めて地裁に提訴する方針を示した
同大学の森田潔学長は「処分内容の一部が認められなかったのは遺憾だが、主張の大筋は認められたと考える」とのコメントを出した。








★★★2014/09/27ケイゾク★


ハラスメントがあったとして懲戒処分としたと岡山大学が発表した。


教授らは、教員懲戒等審査委員会による懲戒処分決定があったときに、取り消すよう起訴すると報道があったがまだできなかった?(例えば起訴要件を満たしていなかったとか?)


読売新聞(2014/09/27)

教員に嫌がらせ 学部長ら懲戒処分 岡大


岡山大は26日、教員へのハラスメントがあったとして、薬学部長(60)と同副学部長(50)を停職9か月の懲戒処分としたと発表した。
2人は「ハラスメントの事実はない」として同日、地裁に処分停止の仮処分を申請した。
同大学によると、2人は2011年1月〜13年9月、ある教授が研究費を不正流用したという内容のメールを複数の教員に送ったり、装置の設置を巡って理由なしに始末書の提出を求めたりするなどしたという。
被害者は40〜60歳代の教授1人、准教授4人、元教授1人で、計14件をハラスメントと認定した。森田潔学長は「世間を騒がせたことを深くおわびし、学生の教育・研究に支障が生じないよう全力で対応する」とのコメントを出した。
これに対し、2人は「教授会の決議や指示に基づいており、地位を利用した行為ではない。懲戒処分を受ける理由はなく、停職は違法だ」と反論した。


岡山大学ニュース









★★★2014/09/14ケイゾク★


今年の4月に森山芳則学部長が別件のパワハラで提訴していた記事があった。

泥沼化しているようだ。


佐賀新聞(2014/04/25)

パワハラで岡山大薬学部長が提訴 理事に1千万円請求

岡山大の森山芳則薬学部長が25日、強い叱責や懲戒処分をするとの脅しなどのパワハラで精神的苦痛を受けたとして、大学の許南浩理事に慰謝料1千万円の支払いを求め岡山地裁に提訴した。
森山氏は提訴後、記者会見し「学内の論文不正を告発しようとしたことがパワハラのきっかけだ」と説明した。

訴状によると、2012年1月、森山部長らは不正の疑いがある論文を発見。同月、別の男性教授=今年1月に岡山大を提訴=が大学の監査室に告発した。
これに対し、許理事は2人を叱責したり、「大学教員に対し嫌がらせをした」との身に覚えのない理由で懲戒処分にすると脅したりしたとしている。

会見で森山氏は「教員らの複数の論文に不正がある。裁判を通じて岡山大の隠蔽体質を明らかにしたい」と強調した。
岡山大は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。








★★★2014/09/06記★


停職の懲戒処分決定は不当として、岡山大学薬学部の学部長と副学部長が大学を相手取り提訴するとの報道。


読売新聞(2014/09/06)
「懲戒処分 事実無根」岡大学部長ら提訴へ

岡山大が事実誤認による懲戒処分を予定しているとして、薬学部の森山芳則・学部長と榎本秀一・副学部長が大学を相手取り、処分を行わないよう求める訴訟を起こすことが5日、わかった。8日にも地裁に提訴するという。
弁護人らによると、同大学の教員懲戒等審査委員会は、森山学部長らが、別の教授らに私物の撤去などを理由に、始末書を提出させようとするなどしたのはハラスメント行為にあたるとして、8月7日付で停職9ヶ月の懲戒処分を決定した。
これに対し、弁護人は「(ハラスメント行為の)事実はなく、裁量を逸脱した違法な処分だ」として、大学側に処分の発令を取りやめるよう求めている。







posted by 岡山のニュースケイゾク at 22:46| 裁判 | 更新情報をチェックする

「すわき後楽中華そば 岡山プラザホテル吉備サービスエリア上り線店」に行きました 岡山県岡山市 20151226






★★★2017/03/31ケイゾク★

日刊WEBタウン情報おかやまサイトで「すわき後楽中華そば」の記事。

創業53年。岡山県人のDNAに刻まれた中華そばの味
https://tjokayama.jp/gourmet/23667/?ref=category_newest

ではFacebookで集めた質問を。まず創業時と今とでは別経営なんですか? 「昭和39年に『天満屋』前の家具店の地下で家具の『すわき』がラーメン店を創業し、平成元年に弊社が事業を買い取り現在まで経営しています」。


天満屋前地下のお店ではじまったんですね。
階段を降りて左奥の片隅に店があったと記憶。
家具販売部分との仕切り壁などもなく、階段下の壁に配置されたテーブル席で食べていた情景が浮かぶ。






★★★2017/01/28ケイゾク★

1月末の金曜・土曜2日、恒例の「すわき後楽中華そば」の半額キャンペーンをやっているようです。
どうでもいいけれど、前から気になっていた「岡山プラザホテル吉備サービスエリア上り線店」でもこの半額キャンペーンをやっているのか、を1/27確認に行きました。

結果、やっていなかった。
そうですよねえ。
サービスエリアで半額キャンペーンやって目当ての客が殺到して混雑したら、他の人は大迷惑ですもんね。
確認できたんで、スッキリ。

「すわき後楽中華そば 庭瀬店」で半額ラーメン食べました 岡山県岡山市 20160130






★★★2015/12/26記★

「すわき後楽中華そば」を食べに吉備サービスエリアに行きました。
すわき後楽のラーメンは岡山では外せないラーメンです。
高速道路外の駐車場に止めて施設内へ。



フードコートで、食券を買えばいいようです。



食券を買って、ラーメン窓口に行くと、食券を購入すると自動で分かるようになっているから席で待っといてください、と。
席で待っていると、ケイゾクと同じように食券を買って持って行っている人が多かった。

注文したのは、醤油ラーメン660円(税込)


しばらくして番号が呼ばれ、受け取りに行きました。



専用の店舗でもなかったのでどうかなとも思ってましたが、すわき後楽中華そば、そのものでした。
シンプルだけどおいしい、好きなラーメンです。

天満屋岡山店の向かいの建物の地下にお店があった時、ときどき食べていました。
その時の味がどうだったか、正直よく覚えていませんが、今でもこのすわき後楽系統のラーメンの味が好きなのはこの子供の頃に親しんだ味を脳が覚えているからかなあ。

ここ、吉備サービスエリアは高速道路外に駐車して利用することができます。
今回調べて知りました。




すわき後楽中華そばサイト
http://www.ffn.co.jp/index.html




関連ランキング:ラーメン | 備前一宮駅






posted by 岡山のニュースケイゾク at 09:54| ラーメン | 更新情報をチェックする

美作市職員が勤務中にゲームサイトにアクセス、停職1か月の懲戒処分 岡山県 20170330

美作市男性職員が勤務中に職場のパソコンからゲームサイトへアクセスしていた。
2月の一月に約30時間、20日勤務として1日あたり1.5時間。
ヒマな職場なのか。
1月以前のアクセス記録はなかったのだろうか。

NHKNEWSWEB(2017/03/30)
美作市が職員を懲戒処分
美作市の40歳の男性職員が、職場の業務用パソコンを使って主に勤務時間中にゲームのサイトにアクセスし、2月の1か月で30時間近く私的に利用したことがわかり、美作市は30日付けで停職1か月の懲戒処分にしました。
懲戒処分を受けたのは、美作市の経済部に勤務する40歳の主任の男性職員です。
美作市の発表によりますと、市が職場の業務用パソコンの2月のアクセス記録を解析したところ、この職員が職場の業務用パソコンを使って対戦型のゲームサイトにアクセスしていました。
私的利用は主に勤務時間中に行われていて、2月の1か月の間に1万2308件のアクセスが確認され、時間にすると29時間42分37秒接続されていました。
処分を受けた職員は、「2年前から業務用のパソコンでゲームサイトへ接続していた。仕事が一段落した時に息抜きでやっていた」と話しているということです。
美作市は、「勤務中に職務を怠りパソコンを業務外の目的で使用したことは行政の信用を失墜させる行為だ」として、30日付けで停職1か月の懲戒処分にしました。
市は「全職員に法令順守と適切な事務処理の遂行、チェック体制の強化を徹底し、信頼回復に努めます」とコメントしています。





タグ:美作市
posted by 岡山のニュースケイゾク at 07:59| 不祥事 | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

岡山短期大学から不当処分を受けたとして准教授が提訴 岡山県倉敷市 20160323

★★★2017/03/29ケイゾク★

岡山短期大学に対して視覚障害を理由に准教授を授業の担当から外したのは「合理的と認められる理由を欠く」として無効だとし慰謝料など110万円を支払うよう命じた。

NHKNEWSWEB(2017/03/28)
視覚障害教員の授業外しは無効
倉敷市の短期大学に勤める52歳の准教授が授業の担当から外されたのは視覚障害を理由にした差別だとして短大の運営法人を訴えた裁判で岡山地方裁判所は授業の担当を外したことは「合理的と認められる理由を欠く」として無効だとした上で短大側に110万円の賠償を命じました。
倉敷市の岡山短期大学に勤務する山口雪子准教授(52)は視力が低下したり視野が狭くなったりする難病を患っていて、自ら雇った補佐員による視覚補助を受けながら授業をしていましたが授業中に飲食していた学生を注意できなかったことなどを理由に授業の担当を外されたのは視覚障害を理由にした差別だとして短大の運営法人を訴えました。
28日に開かれた判決で岡山地方裁判所の善元貞彦裁判長は山口准教授を授業の担当から外すことを決めた短大側の理由について「授業内容の改善や補佐員による視覚補助により解決可能だ。視覚補助のあり方を学科全体で検討・模索することが望ましい」と指摘しました。
その上で授業の担当から外したのは「合理的と認められる理由を欠く」として無効だとし短大側に慰謝料など110万円を支払うよう命じました







★★★2016/05/31ケイゾク★

岡山短期大学側は、准教授の提訴内容について争う姿勢を示した。

KSBニュース(2016/05/31)
准教授が命令撤回求め…短大側「争う」
倉敷市の短期大学の准教授が「視覚障害を理由に授業を取り上げられるのは不当な差別だ」として短大を運営する学校法人に命令撤回を求めた民事裁判が始まり、学校法人側は争う姿勢を示しました。この裁判は倉敷市の岡山短期大学に勤務する山口雪子准教授(51)が起こしたものです。視覚障害を持つ山口准教授は今年2月、短大から担当していた授業を次の年度から外し職務を学科事務に変更する命令を受けました。短大側は理由として授業中に飲食したり無断で出て行ったりする学生を注意できなかったことなどをあげています。山口准教授はこれが視覚障害者差別にあたるとして短大を運営する学校法人に対して職務変更の撤回などを求めています。岡山地裁で開かれた第1回口頭弁論で学校法人側は「山口准教授には授業能力がない」として争う姿勢を示しました。一方、山口准教授は意見陳述で「授業外しは大学教員として存在そのものを否定されている」と述べました。







★★★2016/03/24記★

大学生にもなって講義を勝手に出て行ったりする学生のことなどほうっておけばいい。
講義中に飲食するなど人をなめた行動をする学生を放置している大学の質はどう?

岡山学院大学・岡山短期大学サイト
http://www.owc.ac.jp


毎日新聞(2016/03/23)
「授業ダメなど不当」岡山短期大准教授が提訴
厚生労働省に不当処分への救済を要請した視覚障害のある山口雪子・岡山短大准教授=厚生労働省で2016年3月23日岡山短期大(岡山県倉敷市)の山口雪子准教授(51)=幼児環境教育=が23日、視覚障害を理由に授業や卒業研究の担当から外され、研究室からの退去を命じられたのは不当として、短大を運営する学校法人を相手取り、地位確認と事務職への職務変更の撤回などを求める訴えを岡山地裁倉敷支部に起こした。

訴状によると、短期大側は、山口准教授がゼミの授業中に飲食していた学生に気づかなかったことや、無断で教室を出る学生を見つけられなかったことなどを理由に2月5日、来年度から授業と卒業研究の担当を外れ、学科事務に移るよう命じた。同22日には、個室だった研究室の明け渡しを求めた。
山口准教授は、網膜の異常から次第に視野が狭くなる難病「網膜色素変性症」を患う。1999年に同大に採用され、文字は読めたため授業や研究を続けてきた。しかし約10年前から視力が低下し、現在は明暗が分かる程度で手書きの文字の判読は困難になった。
短大側は2014年、視覚補助を行う職員の確保ができないことを理由に退職を勧めた。山口准教授は私費で補佐員1人を雇う許可を得て授業をし「指導の質に支障はなかった」と主張。「差別が横行する教育現場は学生に示しが付かない。勇気を出して声を上げる決意をした」と話す。
弁護団の水谷賢弁護士は、共生社会の実現を目指す障害者差別解消法が4月に施行されることに触れ、「施行後、初の司法判断を仰ぐ裁判となる。法に逆行し、十分な配慮があれば改善可能なのに自主退職に追い込もうとする差別は許されない」と訴えている。
法人の理事長で、岡山短大の原田博史学長は取材に、「大学としてはこれまで思案を重ね、(山口准教授を)支えてきた。視覚障害を理由に差別はしておらず、提訴は驚いている。我々は教育の質を担保すると約束している学生の立場に立っている」と説明した。【瀬谷健介】

岡山短大の山口准教授は23日、全国視覚障害教師の会の重田雅敏代表や日本盲人会連合会長の竹下義樹弁護士らと、厚生労働省で障害者雇用の現状を訴える記者会見を開いた。
山口准教授は「目が見えないのは教員の能力が欠けるという大学の態度は差別そのもの。教育現場で共存共栄とはかけ離れた事態が進んでいる」と訴えた。4月1日に障害を持つ人への差別的な取り扱いなどを禁じた「障害者差別解消法」が施行される。竹下会長は「今回の件は差別解消の法施行を打ち壊すようなもので許せない。これを解決できなければ法制定は意味のないことになる」と短大側の行為を批判した。メンバーは、塩崎恭久厚労相あてに不当処分の救済を求める要請書を提出した。
改正障害者雇用促進法も4月1日に施行され、雇用分野での障害者に対する差別の禁止と、障害者が働くうえで支障になることを改善する措置(合理的配慮の提供)が雇用者に義務づけられる。【東海林智】





posted by 岡山のニュースケイゾク at 23:39| Comment(0) | 裁判 | 更新情報をチェックする

1万円札を職場のカラーコピー機で偽造し、神社で使用した容疑で男を逮捕 岡山県岡山市 20170316

★★★2017/03/29ケイゾク★

偽札作りの臨床検査技師の男を最終送検。

山陽新聞(2017/03/28)
偽札作り使用した男を最終送検 容疑で岡山南署など
倉敷市の神社などで偽の1万円札が使われた事件で、岡山県警捜査2課と岡山南署は28日、通貨偽造・同行使の疑いで、岡山市南区浦安本町、臨床検査技師F.K容疑者(61)を最終送検した。
送検容疑は、勤務先の岡山市の病院にある事務用プリンターで1万円札の両面をコピーし、貼り合わせて偽造。2月5日、同市の雑貨店でミカン1袋の購入代金を支払う際、1枚を使ったほか、同6~11日、同市の衣料品店や倉敷市の神社で靴下やパジャマ、餅の代金に充てるため3枚を行使した疑い。「お釣りを得ることで孫におもちゃなどを買ってやるための小遣いが欲しかった」と容疑を認めている。
県警によると、F容疑者の車からは偽造された千円札7枚も見つかった。「昨年10月ごろ偽造した」と供述している。







★★★2017/03/16記★

1万円札をカラーコピー機を使って偽造し、神社で使用した容疑で岡山市の男を逮捕。
高齢にもなって、通貨偽造の罪は無期か3年以上の懲役という重いことを知っていてやったのか?

山陽新聞(2017/03/16)
1万円札偽造 臨床検査技師を逮捕 容疑で岡山南署
1万円札を職場のプリンターで偽造し、使ったとして、岡山南署は16日、通貨偽造・同行使の疑いで、岡山市南区浦安本町、臨床検査技師F.K容疑者(61)を逮捕した。
逮捕容疑は2月上旬、勤務する岡山市内の病院にある事務用プリンターで1万円札の両面をコピーし貼り合わせて偽造。同11日午後1時ごろ、倉敷市の神社で餅代1200円を支払う際、偽札1枚を使った疑い。容疑を認めている。
同署に2月9日、岡山市南区の衣料小売店から透かしがなく手触りに違和感がある偽1万円札が持ち込まれ捜査。同署によると、神社と同店を含む岡山市の衣料小売店2店で同じ札番号の偽1万円札計3枚が使われたことが分かり、聞き込みなどからF容疑者が浮上した。
F容疑者は日中、職場で1人になる時間帯に偽造していたという。神社で使われた偽札は、偽造防止のため角度で光沢が変わる「ホログラム」が光っていなかった。3枚とも関与を認めているという。


刑法
第148条 行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、無期又は三年以上の懲役に処する。
2  偽造又は変造の貨幣、紙幣又は銀行券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者も、前項と同様とする。





タグ:通貨偽造
posted by 岡山のニュースケイゾク at 23:11| 刑事事件 | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

アウトレットスイーツ「RENO(リノ)」で某有名店バウムクーヘン切り落とし買いました 岡山県岡山市 20170319






★★★2017/03/26ケイゾク★

2度目の訪問。
「切り落しバウム」と「清水屋生クリームパン」を購入。

清水屋生クリームパンは、正規版が160円、B級品が100円で販売されていました。
B級品の「B生クリームパン」を買って食べましたが、正規版と美味しさは何も変わらず。

清水屋食品のクリームパンを買いに行きました 岡山県岡山市 20170320






★★★2017/03/19記★

岡山市北区のアウトレットスイーツ「RENO(リノ)」に行きました。
目当ては、バウムクーヘン。
この店で購入したバウムクーヘン切り落としを知人からいただいたが、とても美味しかったので...

アウトレットのお店ということで勝手に大きな店舗を想像していましたが、小さなケーキ屋さんという感じの店構えでした。



100g100円で設定されたバウムクーヘン。
ケイゾク情報網によると、どうも「治一郎」のバウムクーヘン切り落としらしい。
治一郎のバウムクーヘンは高級なことで有名らしい、食べたことないけど...
なんにせよ、切り落としという訳ありというだけで、とってもおいしい。



株式会社リノ ホームページ
http://www.reno-net.jp


治一郎ホームページ
http://www.jiichiro.com


スイーツの「ドンレミーアウトレット岡山店」でミルクレープ切端詰め放題やりました 岡山県岡山市 20170227



関連ランキング:洋菓子(その他) | 北長瀬駅大安寺駅庭瀬駅






posted by 岡山のニュースケイゾク at 22:48| スイーツ・ケーキ | 更新情報をチェックする

清水屋食品のクリームパンを買いに行きました 岡山県岡山市 20170320

清水屋食品にクリームパンを買いに行きました。
岡山市中区今在家の所在地に行って見たところ、なんと販売店は2、3年前に閉店されていました。
入り口の貼り紙を読んでみると、購入先として岡山イオンなどが記載されていて、現在地から一番近かったのが、「天満屋ハピーズ国府市場店」とあった。



ハピーズ国府市場店に行って探してみたところ、ありました。
カスタード、苺、チョコ、抹茶、それぞれ購入。



税込で一つ、206円。
パンの大きさをかんがえると高いなと思った。

早速、食べてみると、パンとは思えないほど柔らかい。
クリームもおいしく、甘すぎず絶妙。

歴史はこちらのクリームパンの方が先のようだけど、
もちぷにゃのような印象を受けた。

株式会社清水屋食品サイト
http://www.shimizuyasyokuhin.com




関連ランキング:パン | 高島駅西川原駅備前原駅






posted by 岡山のニュースケイゾク at 22:33| スイーツ・ケーキ | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

岡山市奉還町の「手打蕎麦じくや」に行きました 岡山県岡山市 20170319

岡山市北区奉還町の「手打蕎麦じくや」に行きました。
11時30分頃訪問。
店内はそれほど広くないのでほぼ埋まっていましたが、1人だったので、」入り口近くの席に案内されました。

店内は雰囲気は独特でごちゃごちゃの「昭和」を感じることができます。
嫌いじゃないです。

せいろを注文。
お茶と薬味などが先に運ばれてきました。
お茶は少し減るとすぐお店の人が継ぎ足してくれます。



そばを食べる機会はすくないけれど、おいしいお蕎麦でした。
〆に運ばれてきたそば湯がとてもおいしかった。





関連ランキング:そば(蕎麦) | 岡山駅岡山駅前駅西川緑道公園駅






タグ:そば
posted by 岡山のニュースケイゾク at 23:40| うどん・そば | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

50万円相当エレキギターを万引きした笠岡地区消防組合職員が逮捕された 岡山県笠岡市 20170320






★★★2017/03/21ケイゾク★

エレキギターを万引きした消防士の手口。

テレビ朝日系(ANN)ニュース
消防士“万引き”…安く買い50万円エレキにすり替え
高級ギターを万引きした疑いで逮捕されたのは消防士でした。
消防士のN.N容疑者(20)は19日午後2時すぎ、岡山県倉敷市のリサイクルショップで、約50万円のエレキギター1本を盗んだ疑いです。被害に遭った店舗によりますと、N容疑者は約2500円のギターとケースを購入しました。その後、そのギターと約50万円のギターを入れ替えて店を出たということです。約8時間後、広島県福山市のリサイクルショップで、N容疑者がギターを売ろうとして店側が気付き、警察に通報しました。調べに対し、N容疑者は容疑を認めています。







★★★2017/03/20記★

50万円相当のエレキギターを万引きして、リサイクルショップに売り飛ばそうとした笠岡地区消防組合職員の男を逮捕。
盗んだところと売り飛ばそうとしたところも同じ系列のリサイクルショップだった模様。
この容疑者の行動だが、やった行為がどういう結果になるか考えているのか疑問に思ってしまう。

RSKニュース(2017/03/20)
笠岡地区消防組合職員 万引きの疑い
倉敷市にあるリサイクルショップで約50万円相当のギターを万引きしたとして笠岡地区消防組合職員の20歳の男が逮捕されました。
窃盗の疑いで逮捕されたのは、笠岡地区消防組合の職員N.N容疑者です。19日午後2時ごろ、倉敷市笹沖のリサイクルショップで、約50万円相当のエレキギター1本を万引きした疑いが持たれています。その後、広島県福山市の系列の店に同じギターを売りに現れたため店員が通報し、警察が逮捕しました。N容疑者は、去年4月から笠岡地区消防組合に勤務しています。
警察の調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めているということです。


同僚のロッカーから現金を盗んだ容疑で津山圏域消防組合の消防士を逮捕 岡山県津山市 20160315

「質問だけに答えろ」と言って119番通報の電話を切る東備消防組合通信指令を停職6カ月の懲戒処分 20160322




posted by 岡山のニュースケイゾク at 23:31| 刑事事件 | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

74歳野菜泥棒が発見者を「殺すぞ」と脅迫、事後強盗容疑で逮捕 岡山県倉敷市 20170320

野菜泥棒が発見者に対して「殺すぞ」と脅迫、事後強盗容疑で74歳の男を逮捕。

RSKニュース(2017/03/20)
ホウレンソウ200株 事後強盗で逮捕
倉敷市の畑からホウレンソウ約200株を盗み、逃げる際に所有者の男性を鎌で脅したとして倉敷市の74歳の男が逮捕されました。
事後強盗の疑いで逮捕されたのは、倉敷市の無職S容疑者です。S容疑者は、19日午前4時半ごろ倉敷市玉島乙島の畑でホウレンソウ約200株約1300円相当を鎌で刈り取って盗み、畑の所有者の73歳の男性に見つかった際に鎌を振り上げ「殺してやる」などと脅して軽トラックで逃げた疑いが持たれています。男性にけがはありませんでした。
警察の調べに対し、S容疑者は、「逮捕されるようなことは一切していない」と容疑を否認しています。





posted by 岡山のニュースケイゾク at 19:42| 刑事事件 | 更新情報をチェックする